SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天と電通が共同設立した楽天データマーケティング、営業を開始

 楽天データマーケティングは、2017年10月より営業を開始した。同社は、2017年7月に楽天と電通が共同で設立し、営業開始に向けてこれまで準備を行ってきた。そして、新たなマーケティングソリューションを提供する体制が整ったため、新会社としての営業を開始した。

 デジタルマーケティングを取り巻く環境は日々変化し、消費者と企業の接点が多様化する中、オンラインとオフラインにおける統合的なマーケティングへのニーズが高まっている。楽天データマーケティングは、楽天グループのビッグデータを軸として、企業の戦略立案からターゲットの明確化、認知、購買まで、フルファネルでの「見える化」を実現したマーケティングソリューションを提供する。

 楽天は約9,200万を誇る楽天会員とデータを保有し、それらを軸に様々なサービスを展開している。楽天データマーケティングにおいても、その多様なサービスと豊富なデータを活用し、企業のマーケティング活動を支援していく。

 具体的には、ECモール「楽天市場」を活用したWebサイトを中心とするプロモーション、ポイントプログラム「楽天スーパーポイント」や電子マネー「楽天Edy」を活用した店頭を中心とするプロモーションなどを展開することで蓄積された知見とデータを活用。これまでユーザーと想定されてこなかった潜在的な層を含めたターゲットを「見える化」し、それぞれの属性に合致した最適な広告宣伝プランを提案する狙いだ。

 また外部企業との連携により、テレビの視聴データを活用したプロモーションについても提案していく。

【関連記事】
楽天と電通、「楽天データマーケティング株式会社」を設立 楽天グループのビッグデータを活用
LOCUS、動画作成ツールを楽天市場の出店店舗向けに提供
楽天、日本IBMと「楽天AIプラットフォーム」を構築  チャットボットのスムーズな導入可能に
電通デジタルと電通、人基点でPDCAを回す統合フレームワーク開発 DMPのリニューアルも
電通デジタル、トランスコスモスと業務提携 戦略から実行までトータルサポートする新会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/03 08:30 https://markezine.jp/article/detail/27186

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング