SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

好調オンラインゲーム市場規模、「PC向け」820億円「アーケード」1570億円【2007年国内オンラインゲーム市場・市場調査編】

 「市場調査編」の資料によると、2007年度のオンラインゲーム市場規模は「パソコン向け」が820億円(前年比126.1%)、「ゲーム専用機(据置型)向け」が496億円(同144.0%)、「アーケード」が1,570億円(141.3%)の見込みで、いずれも好調。パソコン向け市場のパブリッシング売上高は802億円(同127.5%)となり、うち「定額課金制売上高」は300億円で成長率はほぼ横ばい。「アイテム課金制売上高(アバター課金および、定額課金制との併用型も含む)」は503億円(同151.3%)と高い成長率を示している。

  ゲーム専用機(据置型)向け市場は、次世代ゲーム機向けのオンライン対応ソフトウェアが増加した影響により、パッケージソフトウェア売上高が421.8億円(前年比152.1%)と高い成長率を示している一方で、パブリッシング売上高は73.6億円(同110.3%)にとどまっている。アーケード市場におけるオンラインゲーム市場規模(ネットワーク対応ゲーム機のオペレーション売上高)は、1,570億円(141.3%)。非オンラインゲームを含むアーケードゲーム総市場規模(オペレーション売上高)に対する構成比は21.8%に達すると推計している。アーケードゲームは、ビデオゲームだけでなくメダルゲームや体感系ゲーム等においてもネットワーク対応型が増加傾向にあり、今後も堅調な成長が見込まれる。

 また、携帯電話向けゲーム市場(非オンラインゲーム含)は、コンテンツのリッチ化や機種変更によるダウンロード需要の増加、そしてオンライン対応ゲームコンテンツの増加などが好要因となり堅調に拡大したことから、2007年度の携帯電話向けゲーム市場規模は957億円(前年比128.0%)となる見込み。

【関連リンク】
「Wii」のネット接続率はまだ40%
Wiiヒットの真相~NINTENDO MODEL~(前編)
2006年国内のオンラインゲーム市場、アイテム課金の売上が453億円に
モバゲー包囲網?携帯フィルタリング騒動の裏にあるもうひとつの背景
モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/21 13:30 https://markezine.jp/article/detail/2761

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング