MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通と日本マイクロソフト、人工知能活用したOOH広告を開発 インタラクティブな表現が可能に

2017/12/13 12:30

 電通と日本マイクロソフトは、「リアルタイムオーディエンス分析・効果測定」と「視線検知によるインタラクティブ機能の実装」を実現した人工知能型OOH広告ソリューションの提供を開始する。

 同ソリューションは、広告ビジネスで培った電通の知見と、画像認識技術に実績のあるマイクロソフトのクラウドベースAI「Cognitive Services」を掛け合わせることで実現した。

 具体的には、これまで取得できなかったリアルタイムな通行量、実際にOOH広告を見た人の性別、年齢、感情といったオーディエンスデータを可視化。そして可視化したデータとオーディエンスがOOH広告のどこを見ているのかに応じて、コンテンツの出し分けるという一連の流れをAIの力によって可能にしている。

 同サービスの提供開始にあたり、資生堂ジャパンの協力のもと、12月11日から12月24日の間、都営地下鉄六本木駅の1番線および2番線ホームのデジタルサイネージ「六本木ホームビジョン」にメイクアップブランド「MAQuillAGE」の広告を設置し、実証実験を行っている。

 なお、同サービスの提供にあたっては、サイネージシステムには日本電気、人流解析レポートにはクリエーションライン、視線検知にはフューチャースタンダードの協力を得ている。

 今後、電通と日本マイクロソフトは共同でサービスを拡販し、2018年6月末までに国内5社のOOH広告での採用を目指す。

【関連記事】
電通デジタルと電通、Kaizen Platformと提携 デジタルクリエイティブ制作や運用体制を強化
電通デジタルとビービット、「ユーザグラム」活用したMAのPDCA支援を開始
電通、米国のデジタルマーケティング会社「スワール社」を買収 グループのデジタル領域強化へ
エム・データとマイクロソフトがAIの共同実証実験を開始
ポケモン公式LINEアカウント、AI導入 日本マイクロソフトの技術活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5