SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

SEOで狙うべき検索キーワードを自動で提案!WACUL、「AIアナリスト」に新機能搭載

 WACUL(ワカル)は、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に新機能「検索キーワード候補分析」を追加した。

 「AIアナリスト」は、Googleアナリティスクのアクセス解析データと連携させた大量のデータの分析、課題発見、課題ごとの改善方針提案までをAIが自動で行うサービス。今回搭載された機能「検索キーワード候補分析」は、Webサイトで新しくコンテンツを作成する際に、SEOで狙うべきキーワードを自動で検出することができる。

 またキーワードごとの表示回数、クリック数、CVRの予測数値までを併せて報告。「検索エンジンでの表示順位が低いもの」「現在検索されているキーワードと似ているがまだ検索されていない類語」をAIが検出し、コンバージョンにつながる可能性が高いキーワードが提案される。

【関連記事】
電通とNTT東日本、AI翻訳を活用した外国語SNS分析による訪日外国人向けマーケティングの実施へ
博報堂グループのクラフター・VAIO・東映が共同で「VR映画事業」の展開へ
電通デジタルと電通、Kaizen Platformと提携 デジタルクリエイティブ制作や運用体制を強化
ウィルゲートとペライチが業務提携 SEO効果の高いコンテンツを活用したサイト運営が可能に
Ginzamarkets、大規模サイトの品質モニタリングSEOツールをリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/12/28 10:00 https://markezine.jp/article/detail/27716

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング