SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グリー、1,830万ドルで「GVR Fund」のファンド組成を完了 主な出資者はヤフー、コロプラなど

 グリーは、2016年4月に組成したファンド「GVR Fund,LP」の最終募集を約1830万ドルのコミットメント総額にて完了した。同ファンドの主な出資者は、グリー、コロプラ、ミクシィ、マルハン、ヤフー、アカツキなどだ。

 同ファンドの組成から現在に至るまで、「GVR Fund,LP」は、北米のVR・AR領域のアーリーステージの企業を中心とする17社に投資をしてきた。主な投資先には、2018年2月1日時点で300万インストールを達成したVR上のコミュニケーションプラットフォーム「VRChat」や、2017年12月に2000万ドル以上のICOを成功させたeSports向け3Dライブストリーミングプラットフォーム「Sliver.tv」などがある。

 なお今後、VR・AR・MRなど、より幅広い領域へも積極的に投資を行っていくことから、2018年2月1日よりファンド名を「GFR Fund,LP」に変更。VRからFRへ名称を変更した理由は、「Virtual(仮想)」だけにとどまらず「Augmented(拡張)」「Mixed(複合)」といった、より広義な「Reality」の「未来」に投資する、という意味でFutureの頭文字を取っている。

【関連記事】
SDMとグリー子会社、ペットインフルエンサーコミュニティを運営
CyberZ、360度フルバーチャル撮影が可能なスタジオを新設
グリー、スマホで住居空間のVRコンテンツが撮影できる「InsideMaps」の販売開始
博報堂グループのクラフター・VAIO・東映が共同で「VR映画事業」の展開へ
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/02/16 12:00 https://markezine.jp/article/detail/27927

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング