MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グリー、1,830万ドルで「GVR Fund」のファンド組成を完了 主な出資者はヤフー、コロプラなど

2018/02/16 12:00

 グリーは、2016年4月に組成したファンド「GVR Fund,LP」の最終募集を約1830万ドルのコミットメント総額にて完了した。同ファンドの主な出資者は、グリー、コロプラ、ミクシィ、マルハン、ヤフー、アカツキなどだ。

 同ファンドの組成から現在に至るまで、「GVR Fund,LP」は、北米のVR・AR領域のアーリーステージの企業を中心とする17社に投資をしてきた。主な投資先には、2018年2月1日時点で300万インストールを達成したVR上のコミュニケーションプラットフォーム「VRChat」や、2017年12月に2000万ドル以上のICOを成功させたeSports向け3Dライブストリーミングプラットフォーム「Sliver.tv」などがある。

 なお今後、VR・AR・MRなど、より幅広い領域へも積極的に投資を行っていくことから、2018年2月1日よりファンド名を「GFR Fund,LP」に変更。VRからFRへ名称を変更した理由は、「Virtual(仮想)」だけにとどまらず「Augmented(拡張)」「Mixed(複合)」といった、より広義な「Reality」の「未来」に投資する、という意味でFutureの頭文字を取っている。

【関連記事】
SDMとグリー子会社、ペットインフルエンサーコミュニティを運営
CyberZ、360度フルバーチャル撮影が可能なスタジオを新設
グリー、スマホで住居空間のVRコンテンツが撮影できる「InsideMaps」の販売開始
博報堂グループのクラフター・VAIO・東映が共同で「VR映画事業」の展開へ
VR・AR内のユーザー行動を可視化しマーケに活用!オプト、新プラットフォームを共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5