SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタルと電通、AI活用してクリエイティブ開発を行う組織を発足

 電通デジタルは3月15日、電通が本年1月に発足させた人工知能(AI)統括プロジェクト「AI MIRAI」(エーアイ・ミライ)の活動に参画し、AIを活用して最先端のクリエイティブ開発を行う専門チーム「AIクリエーターズクラブ」を共同で発足した。

 同チームでは、電通グループのプランナーやコピーライターの知見とAIを掛け合わせて、AIだけでも人間だけでもできない新たなクリエイティブを生み出す。また、AIチャットボットやAIスマートスピーカーの対話設計にも取り組んでいく。

 これにより、AIと人間のクリエイターの協働によるスピーディーなクリエイティブ制作とマス媒体領域でのプランニングの効率化・高度化を目指す。

 また、顧客体験の創造に向け、クリエイティブとデータの連携も進めていく。"人"基点で電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した統合フレームワーク「People Driven Marketing」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を活用して各種データを連携させることにより、新たな顧客体験の創造につながるクリエイティブを制作する。

 なお、これらの開発案件には、2018年2月に電通の子会社となった、マーケティング領域のAI開発に強みを持つデータアーティストのAIエンジニアも参画。電通グループのクリエイターとデータアーティストのAIエンジニアが協業することで、クリエイティブ開発の実践的なプロトタイプになることを目指す。

【関連記事】
電通と電通デジタル、Twitter広告のブランド価値毀損リスクを軽減するサービスの提供へ
電通、米位置情報マーケティング会社と提携 来店/来場の判定技術に強み
米Adobe、検索連動型広告の管理ソリューションを発表 新UI×AI活用で運用工数の削減、ROI向上
3ミニッツとKaizen Platformが協業を発表 SNSに最適化した動画広告配信をサポート
東芝子会社、AIやIoTなど活用したビジネス支援行う会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング