MarkeZine(マーケジン)

記事種別

世帯平均貯蓄額は1,259万円、約4割が「1年前とくらべて貯蓄が減った」

2008/02/28 10:00

平均の貯蓄残高は1,259万円、目標は2,207万円

 「過去1年間に手取り収入の何%ぐらいを貯蓄したか」という問いには、「8%ぐらい」という回答が65.3%、「貯蓄をまったくしなかった」が31.3%。「年間手取り収入のうち、ボーナスや臨時収入から何%ぐらい貯蓄したか」については、「17%ぐらい」が35.6%、「貯蓄をまったくしなかった」20.4%、「ボーナスや臨時収入がなかった」が37.8%となっている。

 「現在、貯蓄をしているか」については、79.4%が「保有」、20.6%が「保有していない」と回答。「保有と回答した人に「金融商品別の残高」をたずねたところ、平均の合計残高は1,259万円。その内訳は、以下のとおり。

 預貯金  490万円
 郵便貯金  179万円
 金銭信託・貸付信託  12万円
 生命保険・簡易保険  205万円
 損害保険  29万円
 個人年金保険  70万円
 債権  54万円
 株式  107万円
 投資信託  78万円
 財形貯蓄  28万円
 その他金融商品  7万円
 合計  1,259万円

 また、外貨建金融商品を保有している家庭の「現在の外貨建金融商品の残高合計」は、回答時の為替相場換算で平均540万円。

 「現在の貯蓄残高は1年前とくらべて増えたか減ったか」については、「増えた」22.4%、「変わらない」36.6%、「減った」39.2%となっている。貯蓄が増えた主な理由は、「収入の増加」「収入から貯蓄する割合を引き上げた」「配当や金利収入があった」。また、貯蓄が減った主な理由は、「定例的な収入が減ったので貯蓄を取り崩した」こどもの教育費用、結婚費用の支出」「耐久消費財購入費用の支出」「となっている。また、「目標の貯蓄残高」は平均で2,207万円となっている。

「ゆとりある家計運営ができた」が3.9%にとどまる

 買い物代金などの日常的な支払いにおいて、決済手段をどのように使い分けているかについては、金額が「1,000円以下」および「1,000円超5,000円以下」の場合はいずれも「現金」が80%以上。金額が「50,000円超」では「現金」52.3%、「クレジット・カード」45.6%と現金の比率が大幅に下がっている。このような小額の支払に活躍する現金の残高は平均で18万円となっている。また、公共料金などの定期的な支払いの決済に利用している手段は、「口座振替」が86.1%で最も多く、「現金」33.8%、「クレジット・カード」14.4%と続いている。

 「借入金があるか」という質問に対しては、「ある」43.5%、「ない」55.1%。そのうち、「ある」と答えた人の現在の借入金残高は1,482万円で、うち住宅ローン残高が1,378万円。新規借入額は808万円、年間返済額は124万円となっている。

 また、対象者全員に過去1年の家計運営についてたずねたところ「思ったより苦しかった」が最も多い52.3%、「思ったような運営ができた」23.8%で、「思ったよりゆとりある運営ができた」は3.9%にとどまっている。

【関連リンク】
平均年収トップは「投資銀行業務」、「MR」などの医療・医薬系も強さを発揮【DODA職種別平均年収調査】
年収1千万円超ネットユーザーの割合、英国は4人に1人、オーストラリアは3人に1人
【リサーチ】景気回復は幻想?実態は10年前より100万円以上年収ダウン ─全国6000人への調査より
年収500万のブロガー誕生!ブログの広告的価値とは?
「先輩が薦める企業ランキング 2007」、1位は日本コムシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5