SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年までに世界のアプリ消費支出は92%増加、1,565億ドルへ【App Annie調査】

 アプリ市場データを提供するApp Annie(アップアニー)は、2017年実績から、2022年までの「アプリ市場予測レポート」を発表した。

2022年、アプリダウンロード数のトップは中国。日本はアプリ消費支出で3位に

 同レポートによると、中国は2022年までアプリダウンロード数でトップの地位を維持し、消費支出が倍増する。一方、日本はアプリ消費支出が50%成長し、3位を維持すると予測されている。

 米国と日本は、2022年までに年間ダウンロード数が安定。両国ともダウンロードの絶対数は高いままで、2022年のデバイスあたりの年間平均新規アプリダウンロード数は、米国が21件、日本が15件と予想されている。なお、ドイツの消費支出額は2017年の世界7位から、2022年には5位に順位を上げると予測された。

アプリダウンロード数は、45%増の2,582億件/アプリ消費支出は92%増の1,565億ドルに

 世界全体のアプリダウンロード数は、2022年までに45%増加し、2,582億件になると予測された。一方、世界のアプリ消費支出は、2022年までに92%増加し、1,565億ドルになる。増加の要因としては、成熟市場におけるデバイスあたりの支出額増加が挙げられた。

デバイスあたりの平均アプリ支出額は、2022年までに23%増加

 個人の支出も拡大し、2022年にはアプリに対するデバイスあたりの平均支出額が25.65ドルに達する見通しだ。それと並行して、世界のスマートフォンとタブレットのインストールベースは2017年の39億台から56.4%増加し、2022年には61億台に達すると予想されている。これらの増加もあり、アプリに対する消費支出の全体的に増加する見込みだ。

 なお、日本におけるデバイスあたりの年間支出額は、2022年に世界平均の6倍近い140ドルを超える見通しで、国別では群を抜いてトップとなる。

【関連記事】
世界/日本のアプリ市場のトレンドは?ダウンロード数と収益ランキングを発表【App Annie調査】
App Annie、「2017年アプリ市場総括レポート」を発表~日本のアプリ消費、130億ドルを突破
2018年アプリ市場規模、全世界1000億ドル ARやAlexaアプリ牽引【App Annie調査】
小売アプリ最新MAUランキング/実店舗有無で分かれるアプリの評価【AppAnnie調査】
App Annie、『2016年アプリ市場総括レポート』を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング