SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スイッチスマイル、ビーコン情報を活用した「位置情報連動型リターゲティング広告」をリリース

 スイッチスマイルは、位置情報連動型リターゲティング広告「pinable ad R(ピナブル アド リターゲティング)」を2018年7月1日より提供することを発表した。

 「pinable ad R」は、同社が独自に設置したビーコン、および同社が提供する「Value Beacon Network(バリュー ビーコン ネットワーク)」により提携企業からシェアされた約10,000個のビーコンから取得した位置情報を用いて、接触ユーザーを独自に分析する。利用企業はリアルの自店舗に訪れたユーザーに対して再来訪を促す広告マーケティングを行えるだけでなく、自社の会員情報と連動して、来訪した特定のユーザーに対して、特定地域内の店舗や商業施設で使用することが可能なクーポンなどを配信することができる。また、来訪したユーザーの履歴情報やクーポンの取得・使用データを自社会員情報と紐づけて分析することも可能だ。

「pinable ad R」活用イメージ
「pinable ad R」活用イメージ

 同社は、従来の緯度経度よりも詳細な位置情報を測定できるビーコンを用いた位置情報取得技術を使い、最小10cm単位でユーザーの位置情報履歴や移動情報をデータ化することができる。これにより、例えば実店舗において、入り口付近にいるユーザーなのか、店舗奥にいるユーザーなのか、店舗の通路を通行する消費者なのかを判別することも可能だ。2017年12月には、実際に設置されたビーコンと、同社SDKを組み込んだ同社スマホアプリにて、データ連動ならびにビーコンに反応したスマートフォン端末にクーポンを配信する実証実験を実施。その結果、利用者の行動データと属性データを、個人を特定しない範囲で紐づけて分析することで、マーケティング支援も可能との結果が出ている。

※Value Beacon Network……プラットフォーム利用者から得られる広告収益を各パートナー(Beacon設置企業、SDK導入アプリベンダー、アドテクベンダーなど)とシェアするモデル。

【関連記事】
シーエー・アドバンス、ビーコンと位置情報を活用した販促マーケティング支援の新会社を設立
ウネリーとアドウェイズが業務提携 ビーコン情報を活用したアプリサービスを提供
電通、ビーコンネットワーク運営のunerryと提携 位置情報マーケティングを強化
unerryと東京海上日動火災保険が共同でアプリを開発 ビーコン情報を活用して地域活性化を支援
LINEマンガ、トーハンと共同でビーコンを使ったキャンペーンを実施 全国600店舗の書店対象に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/20 08:00 https://markezine.jp/article/detail/28683

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング