SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビールの泡が広告コンテンツに?「Ripples」が日本初上陸

 ヤンキー・スタジアムなどで人気を集めているビールアートマシンでありコンテンツマーケティングプラットフォームの「Ripples(リップルズ)」が、日本に上陸する。

 Ripplesは、ビールに高解像度のイメージやメッセージをプリントできる「Ripple Maker(リップルメーカー)」およびそれを包括するコンテンツマーケティングプラットフォームだ。3Dプリントのテクノロジーを使い作られたビールアートは、SNSなどで拡散され、ユーザーにアピールできるコンテンツになるとして、世界中の場所、企業、ブランドにて利用されている。

文章やイラストをビールにプリント。カフェラテやクリームベースのカクテルでも利用できる
文章やイラストをビールにプリント。カフェラテやクリームベースのカクテルでも利用できる

 Ripple Makerは、Wi-Fiに接続でき、マシン上部のタッチスクリーンや、公式アプリのコンテンツの中から好きなものを選んでプリントすることができる。また、公式アプリを使ってユーザーが独自コンテンツ(自撮り写真など)をアップロードしてプリントすることも可能だ。

Ripple Maker(幅210mmx奥行き270mmx高さ550mm)
Ripple Maker(幅210mmx奥行き270mmx高さ550mm)

 日本ではまずイベント会場の展開を予定しており、販売については2018年内の開始を目指している。

【関連記事】
ヤマトシステム開発、「3Dプリント・配送サービス」を開始~羽田クロノゲートに3Dプリンター設置
カブクとHonda、3Dプリントによる車両を共同製作~総工程を約2か月に大幅短縮
DMM.com、3Dプリントサービス「DMM 3Dプリント」
富士フィルム、3Dデジカメ・ビューワー・プリントサービスを8月にスタート
デジタルアートとファッションを融合したセレクトショップがオープン~チームラボが空間デザイン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/03 12:45 https://markezine.jp/article/detail/28786

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング