SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、会津大学と共同で「遠隔スタイリング支援システム」活用に向けた実証実験を実施

 楽天は、楽天グループの研究開発機関である楽天技術研究所と会津大学による共同研究において、楽天技術研究所が開発した「遠隔スタイリング支援システム」を搭載する電気自動車「リモートファッションコミュニケーションビークル」を用いて、デジタルサイネージを活用した次世代型の買い物体験を提供する実証実験を実施した。

「遠隔スタイリング支援システム」を搭載したスタイリングルーム車
「遠隔スタイリング支援システム」を搭載したスタイリングルーム車

 「遠隔スタイリング支援システム」とは、遠隔地にいるスタイリストと試着室(車体)にいるユーザーをインターネット経由でつなぎ、ファッションアドバイスを行う仕組み。スタイリストは、音声会話アプリ経由でユーザーと会話をしながらタブレットを操作。サイネージ上のユーザーにデジタル化されたファッションアイテムを重ねて、スタイリング提案を行う。ユーザーは、デジタルサイネージ上に表示されるQRコードを読み込むことで、気に入った商品を「楽天市場」で購入することができる。

デジタルサイネージを通して遠隔からショップ店員がスタイリング提案
デジタルサイネージを通して遠隔からショップ店員がスタイリング提案

 楽天と会津大学は、同実証実験により、オフラインのショッピング体験において課題とされていた「地域的制約」「物理的制約」「心理的制約」(※)という3つの課題解決と、育児や介護の都合で店頭に出られないスタッフが在宅で勤務できるようにするなど、新しい働き方の実現を目指している。

※地域的制約:地域によるファッション体験の格差
 物理的制約:店舗スペースによる在庫や品揃えの確保の困難
 心理的制約:利用客がショップ店員からスタイリング提案される際に感じる不安

【実証実験概要】
日時:2018年7月23日(月)11時~15時
場所: 福島県会津若松市 美工堂前(〒965-0805 福島県会津若松市西栄町6-30)
電気自動車提供:日産自動車株式会社「e-NV200」
接客提供:有限会社ズーティー(ショップ名「イーザッカマニアストアーズ」)

【関連記事】
楽天がニューヨークに技術研究所を新設、海外の研究者を積極採用
楽天、アドテク企業「LOB」を買収 独自の広告プラットフォーム構築体制を強化
楽天、トヨタの外部ECサイト「TOYOTA楽天市場店」を開設 ビッグデータ活用で効果的な施策を実現
20・30代男性の4人に1人はスマホアプリによる決済を利用【楽天リサーチ調べ】
楽天、グローバル統一ロゴのデザインを一新

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング