SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Nextremer、impactTVと連携 対話型AIを搭載した「店舗用小型サイネージ」の開発を推進

 対話型AIの開発を行うNextremerは、impactTVと「対話型AIサイネージソリューション」の共同開発・販売を目的とした業務提携を締結した。両社は各領域における強みを活かし、対話型AIを搭載した「店舗用小型サイネージ」の共同開発・販売を進めていく。

「対話型AIサイネージソリューション」イメージ
「対話型AIサイネージソリューション」イメージ

 また将来的には、サイネージによって取得できる消費者の年代・性別・タッチログ情報と、対話型AIによって取得する対話ログを蓄積・分析することで、消費財メーカーのマーケティング活動に資するデータ提供も行う予定だ。

【関連記事】
三菱総合研究所とNextremerが提携 AI対話システムの共同開発へ
NEXCO東日本、AI活用した「対話接客システム」をSAに設置する実証実験開始へ
棚前の消費者属性&行動を可視化!impactTV、「ADVANCE PRO」をリリース
impactTV、オンラインでコンテンツ管理・配信が可能な7インチサイネージを発売へ CM連動も可能
資生堂ジャパン、NKBと「男女別ターゲティングデジタルサイネージ」の実証実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/08/03 16:30 https://markezine.jp/article/detail/29009

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング