SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイト内でのコミュニケーションを活性化!新生銀行、選択肢型チャットボット「SYNALIO」を導入へ

 新生銀行は12月中旬より、同社サイトにおいて、ギブリーのチャットボット型マーケティングツール「SYNALIO(シナリオ)」を導入する。

 昨今、金融業界でチャットボットの導入が進む一方、その多くが「フリーワード入力タイプ」のチャットボットとなっている。金融取引においては難解な用語が多く、悩みや疑問を言語化して入力するのが困難なため、顧客に大きな負担がかかっていた。また、Webサイトでは、来訪する様々な顧客に対して同一の情報・コンテンツを表示するため、一人ひとりの課題に対して最適な回答が提供できていないという課題もあった。

 こうした背景のもと新生銀行は、顧客が質問を入力するタイプではなく、チャットボット側から質問や回答を提案する、選択肢型チャットボットツール「SYNALIO」を採用した。

 「SYNALIO」は、Webサイトに来訪した顧客とチャットボットの会話を通じて、顧客の趣味趣向や属性情報、課題などを会話データとして取得。これによって、顧客の潜在的なニーズを知ることができる。また、フリーワード入力タイプよりもコミュニケーションハードルが低い「選択肢型チャット」で会話の数を増やし、多くの会話データを蓄積することで、顧客に沿った会話構築やWebコンテンツを提供することが可能だ。

 同ツールはさらに、他のチャットボットに比べ、導入やその後の改善プロセスが容易だという特徴を持つ。また、人工知能型のチャットボットで見られる長期の学習時間も不要なため、サービス導入段階からすぐに最適なコミュニケーションが実現できる。

【関連記事】
ギブリー、アプリを開発しながらプログラミングを学ぶ学習サービス「CodePrep」
「SYNALIO」がMAツール「SATORI」と連携 ユーザーごとにチャットボットの出し分けが可能に
新生銀行、ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を導入~顧客の状態を起点に情報提供
新生銀行、CCCと金融サービスへのTポイント付与提携へ~顧客規模拡大を目指す
NTTドコモ、チャットボットの新機能を開発!スポーツ観戦中に試合状況を反映した対話が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/07 12:00 https://markezine.jp/article/detail/29918

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング