SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、AWSのAI機能を統合した「次世代コンタクトセンターサービス」の提供を開始

 トランスコスモスは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWS)のクラウド型コンタクトセンター「Amazon Connect(アマゾン コネクト)」を活用した新サービスを開発。音声認識IVRや会話ボットなど、AWSのAI機能を統合した次世代コンタクトセンターサービスの提供を開始した。

 本サービスは、Amazon Connectの基本機能に、トランスコスモスの運用ノウハウを組み合わせたもの。対話ベースのAIによる完全無人対応と、その対応内容を有人コンシェルジュがシームレスに引き継ぎ、状況把握をスムーズに行うことを可能にする連携機能を持つ。また、FAQレコメンドなどAIによる支援を受けながら高品質な対応を促進する機能も備えている。

 トランスコスモスでは、既にAmazon Connectの国外リージョンを活用したトライアルを終えており、2020年度中に100件のサービス導入を目指している。また今後は同社のサービスを、AWSだけでなく、他のクラウドサービスとも連携していく予定だ。

【関連記事】
スマート店舗の構築・運用をトータル支援!トランスコスモスチャイナと中国聯通上海支社、戦略的提携を締結
トランスコスモス、タイのHeroleadsと資本提携 アジア向けのデジタルマーケティングを事業を強化
トランスコスモス、インフルエンサーマーケティング事業においてIDH Mediaと連携を開始
トランスコスモス、アドビのDSPにAnalyticsのデータを連携した広告配信を実施
セブン&アイHD、トランスコスモスの対話型AIエンジンを「オムニ7」に導入 話し言葉にも柔軟に対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/12 17:00 https://markezine.jp/article/detail/29953

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング