MarkeZine(マーケジン)

記事種別

約8割が「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識/うち半数が不快に【ジャストシステム調査】

2018/12/13 11:00

 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」において、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年11月度)」の結果を発表した。

約8割が「Web閲覧履歴をもとにした広告配信」を認識

 スマートフォン利用者に、自身のWeb閲覧履歴などをもとにカスタマイズされた広告が配信されていると感じたことがあるかを聞いたところ、「頻繁に感じる」人は42.1%、「ときどき感じることがある」人は36.6%という結果に。合計すると78.7%の人が認識していることがわかった。

半数以上が「不快に感じる」と回答

 Web閲覧履歴などをもとにカスタマイズされた広告が配信されていると認識している人のうち、「便利と感じる」人は10.7%、「便利と感じるが、不快に感じることもある」人が35.5%、「便利と感じないし、不快に感じることが多い」人は25.9%、「不快なのでやめてほしい」人は25.6%だった。

 年代別に見ると、「便利と感じる」人の割合は10代が23.2%、20代が15.4%、30代が16.1%だったのに対し、40代は5.3%、50代は6.2%、60代は1.8%という結果に。10代は他の年代に比べ、便利と感じている人が多いことがわかった。

6割以上が「アプリへの位置情報提供」に抵抗感

 自身の位置情報をスマートフォンアプリに提供することについて、「抵抗感がある」人は26.7%、「やや抵抗感がある」人は39.3%で、合計すると66.0%が抵抗感をもっていることがわかった。

 一方で、「位置情報を提供しているスマートフォンアプリがある」と答えた人は67.0%、「スマートフォンアプリに位置情報は提供していない」人は22.3%という結果に。抵抗感がありつつも、位置情報を求めるスマートフォンアプリをインストールしている人も多いようだ。

「情報銀行」の認知率は26.0%

 2019年度にサービスが本格化すると報道されている、購買履歴や行動履歴などといった個人情報を、本人の同意のもとに企業などが活用する「情報銀行」について、「認知している」人は26.0%であった。(※「知っていて説明できる」「知っているが、説明できるほどではない」の合計)

【調査概要】
調査期間:2018年11月21日(水)~2018年11月25日(日)
調査対象:17~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

【関連記事】
アドネットワーク経由の場合、広告の「オンターゲット率」は10%下がることが判明【ニールセン調査】
中高生の8割以上が、コンテンツが有料化した場合は離脱すると回答【テスティー調査】
若い女性は広告より"インフルエンサー"を信頼/YouTuber活用の施策、浸透度は?【WOMJ調査】
約8割が口コミを参照/ネガティブな感想も購買意欲につながることが判明【クロス・マーケティング調査】
デバイス利用は「スマホのみ」が増加/スマートスピーカーの利用率は10%【ニールセン デジタル調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5