SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソウルドアウト、クリエイティブ・テクノロジー本部を新設/中小・ベンチャー企業のデジタルマーケを支援

 ソウルドアウトは、デジタルマーケティング領域において、中小・ベンチャー企業の成長を支援するサービスをさらに拡充していくことを目的に、2019年1月1日に「クリエイティブ・テクノロジー本部」を新設することを発表した。

(写真左より)ソウルドアウト株式会社 執行役員 伊藤 雄剛氏/同 クリエイティブ・テクノロジー本部 本部長 福田 泰久氏/同 クリエイティブソリューション部 部長 伊藤 有沙氏

(写真左より)ソウルドアウト株式会社 執行役員 伊藤 雄剛氏
同 クリエイティブ・テクノロジー本部 本部長 福田 泰久氏
同 クリエイティブソリューション部 部長 伊藤 有沙氏

 クリエイティブ・テクノロジー本部では、地方、中小・ベンチャー企業におけるインターネット広告の効果最大化、また事業成長促進を支援していく。具体的には、デジタルマーケティングを活用することによって、顧客企業の売り上げを向上させるためのクリエイティブメソッドの開発を行う。

 また法令を遵守したディフェンスと、取引先の商品サービスの魅力を伝えるためのオフェンスの両方を体系化し、メディアごとに異なる広告配信のアルゴリズムを研究。ユーザー特性の違いによる、勝ちクリエイティブの見極め、ノウハウを蓄積していく。

【関連記事】
LINEがCyberACE、GMOアドパートナーズ、ソウルドアウトと戦略的パートナーシップ契約を締結
ソウルドアウト、地方・中小・ベンチャー企業向け広告配信先最適化ツールを開発!
ソウルドアウト、マーケティングラボを新設/中小・ベンチャー企業のデジタルマーケティング支援促進へ
ソウルドアウト、Amazon広告の活用を支援する専門チームを発足
ソウルドアウト、ベクトルと包括的業務提携 地方拠点におけるPR領域のサービス展開が目的

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/19 16:15 https://markezine.jp/article/detail/30017

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング