SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3次元CGを用いた広告クリエイティブ制作を自動化!CAのAI Labが「CG R&Dチーム」を新設

 サイバーエージェントにおける人工知能技術の研究開発組織「AI Lab」は、3次元CG(以下、CG)の広告活用を見据えた最新技術の実装と、CG制作の効率化・自動化を行う「CG R&Dチーム」を新たに設立した。

 「CG R&Dチーム」では、将来的に人物のCGモデルを用いた広告クリエイティブを量産することを目的に、CGを用いた広告クリエイティブ制作の効率化・自動化を実現するための開発実装を行っていく。

 2018年9月より3DCGに関する共同研究を行っている早稲田大学 森島研究室をはじめ、これまで産学連携にて取り組んできた機械学習や、画像解析技術を用いた広告クリエイティブの自動生成技術に関する研究成果についても実装対象とし、インターネット広告における早期の適用を目指していく。

【関連記事】
楽天、筑波大学と「未来店舗デザイン研究事業」を開始 AI技術を用いた“未来のショッピング体験”開発へ
JINS、実店舗とオンラインを融合した次世代型ショールーミング店舗を開店 AIが眼鏡の似合い度を判定
福岡ソフトバンクホークスとヤフー、オープン戦チケットをAI活用のダイナミックプライシングで販売
CAのアドテクスタジオ、「AIコールセンター研究所」を新設 次世代型チャットカスタマーサポートを推進
NEC、マクロミルと「AI分析サービス」を提供開始 AI×生活者データで「新たな生活者像」を発掘

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング