MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマートスピーカーの所有率はわずか5.9% 普及が限定的であることが明らかに【電通デジタル調査】

2019/02/18 15:30

 電通デジタルは、スマートスピーカーの日本における利用実態について調査を実施。結果を発表した。

スマートスピーカの特徴を理解している人は2割以下

 スマートスピーカーという名前を聞いたことがある人は58%だった一方、その内容や特徴まで理解している割合は約18%という結果に。また、所有率は5.9%と、普及が限定的である状況が明らかになった。

 

用途は一部の機能に集中

 スマートスピーカーの購入理由として、所有者の約4割が挙げたのは「音楽スピーカーの代わりになる」こと。実際に7割以上の所有者が、音楽聴取のためにスマートスピーカーを利用しており、用途が一部の機能に集中している傾向が確認された。

 あわせて、スマートスピーカーによる生活の変化を尋ねたところ、所有者の多くが「音楽をよく聴くようになった」と回答した。

企業のアプリ提供はエンゲージメント形成に効果的

 スマートスピーカーの購入前に期待をもっていたにも関わらず、幻滅してしまった層は限定的。多くの所有者が事前の期待も大きく、購入後もおおむね満足していることがわかった。

 また、企業が提供する3rd Partyアプリの利用者は一部を除きまだ多くないものの、利用している場合はエンゲージメント形成に役立っていることがうかがえる。

普及のカギは「音楽以外」の機能充実

 現時点でスマートスピーカーを所有していない理由を尋ねたところ、一般的に言われる「発声の恥ずかしさ」や「音声認識精度」よりも、「利用したいことがない」や「どんなことができるのかよくわからない」といった内容が上位に。このことから、音楽以外の機能拡張や、3rd Partyアプリの拡大が、普及のカギを握ることがうかがえる。

 なお、今後期待する機能には、「気分や感情を読み取ったサービスの提供」や「暮らしのサポート」などが挙げられた。

タップして拡大
タップして拡大

【調査概要】
調査時期:2018年12月
調査方法:ネット調査
調査対象:全国の満15~69歳の男女個人、10,000ss

【関連記事】
“音声のみ”で注文完了! トランジット、飲食店向けにスマートスピーカー連動のオーダーシステムを開発
デバイス利用は「スマホのみ」が増加/スマートスピーカーの利用率は10%【ニールセン デジタル調査】
博報堂DYメディアパートナーズら3社、スマートスピーカーによる「音声広告配信」の実証実験を開始
機会損失を防ぎ会話データも活用できる!感情分析AI搭載のスマートスピーカー「kAIwa」登場
Amazon、スクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5