SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、米Instreamatic社との連携で「インタラクティブ音声広告システム」提供へ

 博報堂DYメディアパートナーズは、米国の音声広告テクノロジー企業Instreamatic社と、同社の「インタラクティブ音声広告システム」の提供において連携を開始した。

 Instreamatic社の「インタラクティブ音声広告システム」は、AI技術を活用した音声解析技術により、聴取者の音声回答から広告への興味有無を識別し、興味のある聴取者にのみ追加の広告情報を配信することができるというもの。

 元来の音声広告は、聴取者へ一方的に情報を届けることしかできず、聴取者のレスポンス計測ができなかったが、同システムではキャンペーンの掲載結果をリアルタイムで測定することができるため、ブランディングキャンペーンに加え、成果に基づくダイレクトマーケティングのニーズを取り込む新たな機会が生まれる。

 博報堂DYメディアパートナーズは、日本並びにアジアへの「インタラクティブ音声広告システム」導入をリードしていくとともに、様々な媒体社やサービス提供者、広告会社と連携し、音声による新たなマネタイズの可能性を創出していく。

【関連記事】
ナビタイム、電通と「カーナビ音声広告」を開発 音声案内後に店舗に立ち寄るユーザーは10%超え
ドライブ行動特性に合わせて音声広告を配信!TOKYO FM、パイオニアと広告配信サービスを共同開発
博報堂DYメディアパートナーズら3社、スマートスピーカーによる「音声広告配信」の実証実験を開始
博報堂DYMP、オーディオビジネス市場の拡大目指し新組織を設立 音声広告配信事業など展開
DAC、音声による広告配信に対応したアドサーバー 「FlexOne APE」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/04 10:45 https://markezine.jp/article/detail/30527

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング