SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA ABEJA、広告クリエイティブの「効果予測モデル」を開発 CAがSaaSとして提供へ

 サイバーエージェントとABEJAの合弁会社であるCA ABEJAは、ABEJAが提供するAIプラットフォーム「ABEJA Platform」上で、広告クリエイティブの効果予測を可能とするAIモデルを開発。SaaSとして、サイバーエージェントより提供を開始する。

 本サービスにより、多数のクリエイティブを一度に配信して結果を確認する「A/Bテスト」のプロセスを省力化し、広告効果の高いクリエイティブを配信開始時から選択することが可能になる。

 また、各々の広告主が広告クリエイティブ画像データに紐づく表示回数・クリック数・コンバージョン数等の過去の広告配信データを保有している場合は、それらのデータを用いて再学習し、広告主ごとに個別最適化したモデルを生成、広告主の配信システムと連携することも可能だ。

広告クリエイティブの効果予測モデル利用イメージ
広告クリエイティブの効果予測モデル利用イメージ

【関連記事】
ABEJAがGoogleから資金調達 AI市場の拡大を目指し協業
三陽商会とABEJAが提携 小売り・流通業界のデジタル化を促進し、AIを活用した顧客体験の創出へ
CA、ABEJAと合弁会社を設立~広告から集客、購買までのワンストップ分析を可能に
AIの継続的インテグレーションを実現!「ABEJA Platform」正式版がリリース
ABEJAと武蔵精密工業が協業~ディープラーニング技術を活用した検品自動化に関する実証実験を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング