SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「NHKオンデマンド」、12月に有料サービスとしてスタート

 「NHKオンデマンド」の配信サービスは2種類あり、ひとつはNHKが過去に放送した「大河ドラマ」、「朝の連続テレビ小説」、「映像の世紀」、「NHKスペシャル」などを配信する「特選ライブラリ」サービス。もうひとつは地上放送・衛星放送で1週間以内に放送されたニュース番組「おはよう日本」、「正午のニュース」、「BS 列島ニュース」、「ニュース7」、「ニュースウオッチ9」を配信する「見逃し番組」サービス。

 「特選ライブラリ」サービスでは、サービス開始時に1000本、その後毎年1000本程度の番組を提供し、「見逃し番組」サービスでは、毎日10~15本程度の番組と「おはよう日本」、「正午のニュース」、「BS 列島ニュース」、「ニュース7」、「ニュースウオッチ9」のニュース5番組を1週間程度提供する。

 「NHKオンデマンド」は、パソコンとテレビの両方で利用することができる。パソコンに必要な環境はインターネットへのブロードバンド接続、テレビでは、FTTH(光)回線によるVODサービスが利用可能な「アクトビラ ビデオ・フル」対応のテレビ、またはケーブルテレビ「J:COM」のVODサービスの利用環境。

 NHKオンデマンドサービスは、通信回線でテレビ番組を提供するための権利取得費、設備費、回線料、運用費など費用を、すべてこのサービスの利用料金でまかなう方針で、NHKオンデマンドは、受信料から独立した別の会計で運営される。NHKは、サービス開始当初の数年間は、赤字となることを予想している。

【関連リンク】
NHKオンライン、2年ぶりにトップページを全面リニューアル
大学の卒業制作アニメがニコニコ動画で20万回再生、「さかなのうた」作者がNHKに登場
受信料を支払っている人だけが利用できるPC・携帯サービス「NHK+ID」
NHK、生活全般をチェックしてCO2排出量を計算する「CO2削減チェッカー」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/03 18:50 https://markezine.jp/article/detail/3056

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング