SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA Wise、掲載メディアを個別指定できる広告サービスを提供開始 アドフラウド対策を強化

 サイバーエージェントのアドテクスタジオは、連結子会社であるCA Wiseにおいて、ノンインセンティブ成果報酬型広告「BOSATSU」のメニューとして、新たに掲載メディアを個別に指定して配信できるサービス「premium nonince(プレミアム ノンインセ)」を提供開始した。

 近年、インターネット広告はツール等を利用した不正クリックや、それによる広告効果の不正(アドフラウド)が問題視されている。すべてのプロモーションが正しくユーザーに表示されているかを確認することが困難となり、こうしたリスクを回避するために掲載先を把握したいという広告主のニーズが高まっている。

 「premium nonince」では、CA Wiseおよび連携ネットワークの配信実績をもとに、掲載先の情報をすべて開示できるメディアを精選してホワイトリスト化し、広告主に提供する。出稿先が可視化されるため、意図しない露出を避けて希望する掲載面のみに配信することが可能となる。

 「BOSATSU」は、継続して進化する国内外のアドフラウドの研究・開発を行うことで、不正対策の強化に取り組んでいく。

【関連記事】
CA ABEJA、広告クリエイティブの「効果予測モデル」を開発 CAがSaaSとして提供へ
AMN、ECモール上で海外へテスト販売可能なプラットフォーム「CATAPULT」を提供 出店は無料!
CA、パーソナルデータをお金に換えるプラットフォーム「Data Forward」の実証実験を開始
CCI、アプリメディア向けオーディエンスデータ活用支援を強化 『LOCARI』の広告商品開発を支援
CA Wise、アプリ向け動画広告サービスで米YouAppiと連携 透明性の向上・リーチ拡大を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング