SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通グループ、AI活用の新ツールを共同開発 主要SNSでの「動画再生完了率」「CTR」が予測可能に

 電通、電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズ、データアーティストの電通グループ4社は、ソーシャルメディア向け広告クリエイティブの効果を配信前に予測するツール「MONALISA(モナリザ)」を開発し、3月19日より同ツールの運用を開始した。

 今回電通は、AIに特化したグループ横断プロジェクトチーム「AI MIRAI(エーアイ・ミライ)」の活動の一環として、「MONALISA」を開発。

 具体的には、数値化した広告クリエイティブの特徴を広告配信結果に紐づけることで、広告効果の機械学習を行った。これによって、効果の低い広告クリエイティブを配信前に検知し、高精度な広告クリエイティブのみを優先的に選定して配信することが可能になった。

 「MONALISA」は、Instagram・Facebook・Twitterの3種類のソーシャルメディアへの動画および静止画の広告配信に対応しており、「動画再生完了率」「CTR(Click Through Rate:クリック率)」を予測することができる。

 同ツールはまた、特定のダッシュボードの導入は不要で、メールやビジネス向けチャットを通じて利用できるという特徴を持つ。メールでは運用担当者が広告クリエイティブを入稿すると、広告配信準備が整ったキャンペーンを自動で検知し、予測結果を送付。ビジネス向けチャットでは、必要となる配信情報と広告クリエイティブを送信すれば、数秒以内に予測値が通知される仕組みとなっている。

【関連記事】
モバイル広告費が初の1兆円超え/2019年の動画広告は2,651億円まで拡大見込み【電通他調査】
「AbemaTV」が電通・博報堂DYMPの「動画広告配信サービス」と接続を開始 広告収益の拡大へ
電通、2018年日本の広告費を発表 ネット広告費が1兆7,000億円超え/地上波テレビ広告費に迫る
気象情報×Twitterでタイムリーな広告の出し分けを実現!電通デジタル、新システムの提供を開始
電通、企業買収で東南アジアにおけるデジタルマーケティング関連サービスを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/20 07:00 https://markezine.jp/article/detail/30659

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング