SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

開封見込みが低い配信を自動的に抑制!LINE特化型のマーケツール「AutoLine」に新機能追加

 機械学習や深層学習を使用したアルゴリズムの企画・開発・提供を行うTimeTechnologiesは、LINE特化型配信アルゴリズム「AutoLine」において、メッセージの開封率を取得して配信コストを削減できる機能をリリースした。

「AutoLine」新機能イメージ

 「AutoLine」は、サイトに訪れたユーザーの行動履歴を取得し、機械学習や深層学習を用いて自動的にパーソナライズ配信を行うLINE特化型の配信アルゴリズム。これによって、LINEトーク画面上でのダイナミックリターゲティングや自動メッセージ機能によるユーザーとのエンゲージメント強化を実現する。

 今回「AutoLine」に追加された機能では、配信されたメッセージの開封有無をユーザーごとに取得し、メッセージを開封する見込みが低いユーザーへの配信を自動的に抑制できるようになった。そのため、企業は配信コストの削減が見込める。

【関連記事】
ブレインパッドのDMPがLINEのパーソナライズ配信に対応 SaaSツールとして提供へ
LINE、トーク上でチャット形式のアンケートを実施!第一弾はテレビ番組・CMに関する調査パッケージ
会話広告「fanp」が「LINE Pay」と連携 LINE公式アカウントのトーク上で決済が可能に
日本郵便、LINEの「通知メッセージ」によるお届け予定通知サービスを開始
LINE上のユーザー行動を可視化!DNP、チャットボットプラットフォームにBI解析機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング