MarkeZine(マーケジン)

記事種別

広告のエンゲージメント率が最も高いのは「ペットや動物」の動画視聴中【ジャストシステム調査】

2019/04/22 13:30

 ジャストシステムは、「動画&動画広告 月次定点調査(2019年3月度)」を実施。結果を発表した。

エンゲージメント率が高いのは「ペットや動物」動画視聴中の広告

 動画コンテンツ視聴時に動画広告を見かけた人に対して、その動画広告が購買やクリック、興味喚起といったエンゲージメントにつながったかを、動画コンテンツの種類別に尋ねた。

 その結果、最もエンゲージメント率が高かったのは「ペットや動物の動画」視聴中に流れた動画広告、次いで「ノウハウやハウツーの動画」、「YouTuberによる投稿動画」だった。

 一方、最もエンゲージメント率が低かったのは「ゲームやアニメなどの実況・解説動画」で、「ペットや動物の動画」と比べると、10ポイント以上の差が開いた。

有料サービス「YouTube Premium」の認知率は?

 YouTubeで普段、動画コンテンツを視聴している人のうち、広告なしでコンテンツを閲覧できる有料サービス「YouTube Premium」を知っている人は65.0%、利用している人は6.4%という結果に。

 年代別に見てみると、認知率が最も高かったのは10代(78.7%)で、利用率が最も高かったのは20代(13.6%)だった。

10~20代に普及する「月額制動画配信サービス」

 月額制動画配信サービスを「現在利用している」人は20.8%で、2018年3月度調査の18.7%から、やや増加した。年代別に見ると、10代(27.0%)、20代(32.0%)、30代(22.0%)、40代(16.0%)、50代(17.5%)、60代(13.5%)で、10代と20代の利用率が高いことがわかった。

10代の半数以上が、SNSに動画投稿

 SNS(※)で週に1回以上動画コンテンツを視聴する人のうち、SNSに動画を「よく投稿する」「ときどき投稿する」と答えた人の割合は31.8%で、2018年3月度調査の29.4%から増加した。特に10代は52.1%がSNSに動画を投稿しており、2018年3月度調査の45.1%から7ポイント増えていた。

(※)LINE、Facebook、Instagram、Twitter、MixChannel、Snapchat、TikTok、そのほかのSNSが対象。

【調査概要】
調査主体:ジャストシステム
調査人数:17~69歳の男女1,100名
調査方法:ネットリサーチ

【関連記事】
よく利用するCtoC、10~30代は「メルカリ」40~60代は「ヤフオク!」【ジャストシステム調べ】
20~40代のタクシー配車アプリ利用率が4年で倍増!ラジオアプリは2割が利用【ジャストシステム調査】
マーケ領域におけるAIツール・サービスの導入率は2割弱/約4割が効果を実感【ジャストシステム調査】
バナー広告より「動画広告」に不快感/よりエンゲージメントにつながるのは?【ジャストシステム調査】
ECのカゴ落ち、理由は「送料・手数料の高さ」/10代のQR決済利用率は約3割【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5