MarkeZine(マーケジン)

記事種別

H.I.S.がGoogle Cloud Platformで来店・会話・Webデータもとに需要予測

2019/04/24 17:40

 エイチ・アイ・エス(以下、H.I.S.)は、Googleが提供しているGoogle Cloud Platformおよび、プロフェッショナルサービスを活用し、日本国内、海外を含めた多様な旅行者の旅行需要予測に取り組む。

 

 日々変化する旅行需要に対応するためGoogle Cloudのテクノロジーを活用し、H.I.S.の国内270店舗による来店顧客データとコールセンターのデータ、H.I.S.のオンラインサイト上の顧客行動をはじめ、社内における旅行関連データから、瞬間的に人気が集中している渡航先や出発日をリスト化し抽出。

 さらに、世界中のイベントデータや気象データといった第三者データとH.I.S.の需要データを分析することで、将来的に人気となる旅行トレンドを発信し、顧客ニーズに沿った商品開発を加速する計画。 

 具体的には、新たな旅行先や旅行シーズンの需要可能性を導き出すことで、お客様の利便性を高めるチャーター便の展開や、航空座席・ホテル客室の確保といった旅行環境の整備を行う。また、旅行需要予測のもと、店舗でお客様の来店予測を行い、店舗スタッフの配置人員数の調整など店舗稼働の最適化も図る。

 今後、パーソナライズした商品提案をAIスピーカーで行ったり、チャットで自動回答させたりといった新たな顧客体験サービスの展開も視野に入れる。

【関連記事】
エイチ・アイ・エス、訪日外国人と地元ガイドを繋ぐCtoCマッチングサービスサイト提供へ
カラフル・ボード、「SENSY BOT for Biz」をリリース~エイチ・アイ・エスが導入
MAU2億人の中国オンライン旅行会社Ctrip、JR東日本グループと戦略的提携
ジャルパック、楽天トラベルがNPSで部門別1位を獲得/旅行の品質をユーザーは重視【NTTコム調査】
JTBパブリッシング、旅行メディアからシームレスに予約・購入が可能なEC「るるぶモール」を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5