SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモスのマレーシア子会社、イーエムネットジャパンと提携し多言語広告運用サービスを開始

 トランスコスモスのマレーシア子会社であるTRANSCOSMOS(MALAYSIA)(以下、同社)は、イーエムネットジャパンと業務提携し、海外多言語広告運用サービスを開始した。

 海外から日本への旅行者は3,000万人を超え、旅行者を受け入れる地方自治体や宿泊事業会社、外食事業会社は日本全国に及ぶ。また、日本の労働力不足は社会問題化しており、海外から日本に就業する人材へのニーズが生まれるなど、海外におけるデジタルプロモーションの重要性は多方面で高まっている。

 こうした背景から、同社はイーエムネットジャパンとの提携を通じ、インバウンド向けデジタル広告および海外人材採用広告サービスなどの販売を強化。同社のクアラルンプールセンター内に「グローバルデジタルマーケティングセンター」を開設し、英語や中国語、その他ASEAN言語での広告運用やクリエイティブ制作、現地向けソーシャルメディア運用サービスなどを提供する。

 同社は、今後も市場の成長が見込まれるマレーシアにおいてサービスの提供範囲を拡大し、ASEAN地域での事業展開を進めていく。

【関連記事】
トランスコスモスとsognoが協業 3D/VR技術を活用した店舗紹介などの新サービスを開始
トランスコスモス、MarkPlusと業務提携 コトラーが提唱する「5A」尺度を日本国内で独占的に使用
トランスコスモス、「リターゲティング広告最適化AI」を活用した広告運用サービスを開始
トランスコスモス技術研究所、Shopifyとパートナー締結 MAなどとの連携機能の開発にも着手
トランスコスモス、QRコードなどからAR体験に誘導できる汎用型アプリを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/08 14:30 https://markezine.jp/article/detail/30986

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング