SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東急エージェンシー、ソフトバンク等と「交通広告」の実証実験を実施/接触者数や視認状況を可視化

 東急エージェンシー、ソフトバンク、シナラシステムズジャパン、マイクロアドデジタルサイネージ、Legolissの5社は、交通広告の新しい価値を生み出すために、Wi-Fiアクセスポイントなどのデータを活用する実証実験を2019年5月下旬から実施する。

 実証実験では、統計的な処理によって十分に匿名化を施した「ソフトバンクWi-Fiスポット」のデータなどを活用し、東急線の主要駅に設置されている8ヵ所のデジタルサイネージの広告視認可能者数を推定し、各広告の価値を算出する。これにより広告主は、広告の到達数を基にしたプランニングが可能になる。また従来の商品設定とは異なる、放映時間を分割した放映時間帯指定枠での広告販売も実施。枠を購入した広告主には、掲出期間中の広告視認推定者数や推定属性などのデータのリポート提供も行う。

 今回の実証実験では、これまでの交通広告が抱えてきた広告接触および視認状況の可視化といった課題の解決を目指すとともに、今後はデジタルサイネージと連動したスマートフォンへの広告配信をオプションとして用意するなど、交通広告マーケティングのさらなる発展に寄与するための様々な施策を検討していく。

【実証実験の概要】
期間:広告販売開始時期:2019年5月下旬(広告掲出期間:2019年9月2~29日)
対象媒体:東急線の主要駅に展開しているデジタルサイネージ(計8ヵ所)
各社の役割:
・東急エージェンシー:メディアレップ、実証実験主体会社
・ソフトバンク:ソフトバンクWi-Fiスポットの提供、統計的な処理によって十分に匿名化を施した当該データの提供
・シナラシステムズジャパン:位置情報プラットフォーム提供、スマートフォン広告配信
・マイクロアドデジタルサイネージ:デジタルサイネージ配信プラットフォーム提供、ウェブ系代理店申込窓口
・Legoliss:フィジビリティスタディー担当会社、ウェブ系代理店申込窓口

【関連記事】
「Yahoo!フォロー機能」を活用したキャンペーン開催中!おそ松さんを起用した交通広告も展開
「AbemaTV」、ダウンロード数が700万を突破~交通広告やイベントなど積極的プロモーションを展開
デジタルインテリジェンス、「リアル行動ターゲティング」提供~交通・折込広告のアロケーション需要に対応
DeNA、AI・クラウド・ITS分野のエンジニアを集めた横断組織を発足 交通システム不全の解消へ
飛行機内でVR体験可能に JAL、VRサービスに関する実証実験を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/14 17:30 https://markezine.jp/article/detail/31034

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング