SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ミソシル、ディープラーニングでフォロワー数水増しのインフルエンサーを検知するサービスを提供

 misosil(ミソシル)は、フォロワーを購入し、フォロワー数を水増ししているインフルエンサーの不正や、不正インフルエンサーを使ってキャンペーンを行っている企業をディープラーニングの応用によって検知する「不正チェック機能」をSNS分析ツール「Tofu Analytics」のオプションとして提供を開始した。

 SNSを活用したインフルエンサーマーケティングが注目される中、マーケティング担当者のリテラシー不足や悪質な代理店の影響で、フォロワー数至上主義的なインフルエンサー起用キャンペーンが横行しているとmisosilは現状を分析している。

 そのため、インフルエンサーはフォロワー数が多ければ報酬の高い仕事がとれるため、実態のない海外アカウントやbot等をフォロワーとして購入し、フォロワー数を水増しする不正インフルエンサーが見受けられるという。その結果、インフルエンサーマーケティングを実施した企業は想定した効果が得られないばかりでなく、インフルエンサーの先にいる一般消費者がだまされてしまうことにつながるため、今回の開発に至ったとmisosilは説明している。

【関連記事】
東京カレンダーが“アッパー層特化型”のインフルエンサーマーケティング支援サービスを開始
Instagramのショッピング機能、インフルエンサーの投稿内でも利用可能に
エイベックス・マネジメントとCool Japan TV、インフルエンサー育成に特化した合弁会社を設立
UUUM、インフルエンサーマーケツール「LMND」に新機能を実装 最適な候補のレコメンド可能に
ヤフーが新プラットフォームを開設/インフルエンサーの動画コンテンツをYahoo! JAPAN上に掲載

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング