SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTokでJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの楽曲が利用可能に 包括ライセンス契約締結

 「TikTok(ティックトック)」は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと包括ライセンス契約を締結し、同社の保有する楽曲が6月より利用可能になった。

 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは、家入レオ、大原櫻子、ORANGE RANGE、木村カエラ、斉藤和義、サカナクション、Nulbarich、吉田凛音等の楽曲ライセンスを持っている。

 TikTokの運営会社ByteDanceは2018年10月にサイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同出資するAWAと提携し「AWA」で配信中の楽曲をTikTokで利用できるようにしており、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」との楽曲提携も予定されている。

【関連記事】
「TikTok」と「LINE MUSIC」が楽曲提携を開始 シームレスな音楽体験を強化
ゼスプリ、TikTok他で「アゲリシャスバイト」を募集 CM内楽曲のミュージックビデオを生活者と共創
「TVer」「TikTok」などが急成長/動画メディア・サービスの利用実態【フィールドワークス調査】
アドウェイズ、「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチームを発足
D2C RがByteDanceと広告パートナーシップを締結 TikTok戦略室を編成し企業支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/06 18:50 https://markezine.jp/article/detail/31243

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング