MarkeZine(マーケジン)

記事種別

TikTokでJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの楽曲が利用可能に 包括ライセンス契約締結

2019/06/06 18:50

 「TikTok(ティックトック)」は、JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントと包括ライセンス契約を締結し、同社の保有する楽曲が6月より利用可能になった。

 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは、家入レオ、大原櫻子、ORANGE RANGE、木村カエラ、斉藤和義、サカナクション、Nulbarich、吉田凛音等の楽曲ライセンスを持っている。

 TikTokの運営会社ByteDanceは2018年10月にサイバーエージェントとエイベックス・デジタルが共同出資するAWAと提携し「AWA」で配信中の楽曲をTikTokで利用できるようにしており、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」との楽曲提携も予定されている。

【関連記事】
「TikTok」と「LINE MUSIC」が楽曲提携を開始 シームレスな音楽体験を強化
ゼスプリ、TikTok他で「アゲリシャスバイト」を募集 CM内楽曲のミュージックビデオを生活者と共創
「TVer」「TikTok」などが急成長/動画メディア・サービスの利用実態【フィールドワークス調査】
アドウェイズ、「TikTok」の運用型動画広告を分析する専門クリエイティブチームを発足
D2C RがByteDanceと広告パートナーシップを締結 TikTok戦略室を編成し企業支援へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5