SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

P1のSSP、The Trade DeskのIDソリューションに参画 国内外で共通IDの使用が可能に

 プラットフォーム・ワン(以下、P1)の提供するSSP「YIELDONE」は、The Trade Deskが提供する「Unified IDソリューション」への参加を発表した。日本国内のSSPとしては初の参加となる。

 現在、運用型広告の取引時において、広告事業者間におけるデータ連携を行うために、Cookie Sync(クッキーシンク)という技術を用いて、双方の広告事業者が有するIDをシンクする必要がある。しかし、広告事業者ごとで用いるIDが異なることにより、Cookie IDがマッチせず、マッチレートは平均的に70%ほどに留まるというデータがある。また、1つのWebサイトに複数の広告事業者が多数のタグを貼り付けることで生じる、媒体社のページ読み込み速度の遅延も問題となっている。

 このような問題を解決するために、The Trade Deskは無償で「Unified IDソリューション」を提供している。「Unified IDソリューション」を導入することで、広告事業者は国内のみならずグローバル規模で共通IDを使用することが可能になる。The Trade Deskは、この共通IDを普及させることで、広告主視点で見たCookie syncマッチレートを100%近くまで向上させることを目指している。

 P1は、共通IDである「Unified IDソリューション」を活用することで、広告主のデジタルマーケティング活動を支援するとともに、効果的なCookie Syncによるページ読み込み遅延の改善を図り、媒体社の収益最大化へ貢献していく。

【関連記事】
プログラマティック広告で中国へリーチ可能に The Trade Deskがプラットフォームを提供開始
The Trade Deskの「Unified IDソリューション」、PubMaticのSSPと連携
The Trade Desk、バイドゥ、アリババ、テンセントのメディアと連携!中国市場へリーチ可能に
Supership、「Ad Generation」におけるThe Trade Deskとの連携を開始
The Trade Desk、広告主向けのデジタルプラットフォーム「Next Wave」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/21 12:00 https://markezine.jp/article/detail/31386

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング