MarkeZine(マーケジン)

記事種別

女性向けパズルRPG「夢100」のプロデューサーが歩む、10年続くIPタイトルへの道のり

2019/07/10 08:00

 激動のゲームアプリ市場で成功を収めている企業のマーケティングに迫る本連載。第1回となる今回は、ジークレストが提供する女性向けパズルRPG「夢王国と眠れる100人の王子様」のプロデューサー 兼 事業責任者を務める礎考宏氏にインタビューをしました。

目次

1,000万DLを超えるゲームアプリを企画

 スマートフォンの普及とともに、毎年数多くのゲームアプリがサービスを開始しています。その一方で、人気を得続けるものはほんのわずかと言えるでしょう。

 そんな激動のゲームアプリ市場で、成功している企業もあります。その中の1つが、女性向けパズルゲームRPG「夢王国と眠れる100人の王子様(以下、夢100)」を開発・運営するジークレストです。

 「夢100」は、2015年3月にリリースし、2018年8月には全世界1,000万ダウンロードを突破。ゲームだけでなく、アニメや2.5次元の舞台化といった様々なコンテンツを打ち出し、女性を中心にさらなる人気を獲得しています。

 今回は、「夢100」のプロデューサー 兼 事業責任者を務めるジークレスト 取締役の礎考宏氏から、「夢100」のプロデュース方法について、さらにこれからのゲーム市場で作り手・売り手として求められる力についてお伺いしました。

今回のインタビュイー

株式会社ジークレスト 取締役 「夢100」事業部責任者
礎 考宏氏

2009年にサイバーエージェントへ新卒入社。グループ会社のQualiArtsでゲーム運用やマネジメントに従事。2017年4月にジークレストに異動し、同年10月取締役に就任。現在は「夢100」の事業責任者も務める。

女性ユーザー98%のゲームアプリを運営する男性プロデューサー

――礎さんは「夢100」においてどのような業務を担っているのでしょうか?

礎:プロデューサー 兼 事業責任者として業務を行っています。事業責任者としてはメンバー管理や組織作り、プロデューサーとしては事業戦略や中長期の計画、プロモーションなど「夢100」の事業に関わるすべてを考えていますね。

――「夢100」のエンドユーザーは基本的に女性ですよね? 男性である礎さんがサービスを運営するのは苦労も多そうだなと思うのですが……。

礎:確かに、女性ユーザーが約98%なので、男性である僕では、女性が男性キャラクターにときめく気持ちを100%理解できているわけではないと思います。そのため「夢100」では、メンバーそれぞれの強みが発揮できるよう、コンテンツ制作と企画開発で役割を分担しています。

 コンテンツ制作のチームではシナリオやイラスト制作などを行っており、女性メンバーが中心となっています。女性向けゲームやイケメンキャラクターが好きな、女子ゲーユーザーに近い気持ちを持ったメンバーが多いため、魅力的なキャラクターやストーリーを生み出せています。

 企画開発は、企画・UI・システム構築を中心とし、男性メンバーも多く在籍しています。このチームは、市場やトレンドから宣伝的な部分まで客観的に分析する役割を担っていて、僕は主にこの企画開発の部分で関わっています。

――メンバーの強みを活かす組織作りをしているんですね。

礎:役割分担をすることで、様々な角度で意見が出てくるのでおもしろいですよ。その反面、最終的な意思決定をする時には、徹底的に話し合って進めています。

――色んな意見があるからこその苦労ですね。意見が割れてしまった場合はどのように対処しているのでしょうか?

礎:シンプルですが、コミュニケーションを密に取って進めています。あとは、みんな作り手であり、「夢100」のユーザーでもあるので、メンバーに「こうしたら感情が動くんです!」と言われたら、それを信じて進めている部分も大きいですね。

 「夢100」を作るメンバーは大前提として、「夢100」を10年以上続くIPにしたいと考えています。

 この考えを軸に、どういった施策を打ち出すべきかアイデアを出しているので、軸がブレていないようであれば、信頼して任せることも大事だと思っています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5