MarkeZine(マーケジン)

記事種別

コラボ戦略でアプリをグロース 異色キャリアの「グリモアA」プロデューサーに成功の秘訣を聞く

2019/07/23 07:00

 表世界と裏世界でまったく異なるストーリーが展開され、コアなファンを惹きつけてやまないゲームアプリ「グリモアA~私立グリモワール魔法学園~」。その前身である「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」の時代から長くユーザーに愛されている同アプリだが、それを支えていたのはコラボレーション戦略だった。本記事では、プロデューサーである荻野氏に、その戦略を聞くとともに、銀行員からゲームプロデューサーになった異色の経歴を持つ同氏のキャリアを振り返る。

目次

銀行員からゲームプロデューサーを目指した理由

――「グリモアA~私立グリモワール魔法学園~(以下、「グリモアA」)」のマーケティングについて聞く前に、荻野さんのキャリアについておうかがいします。前職は銀行員だとお聞きしました。まったくの異業界であるゲーム業界に転職したのはなぜですか?

荻野貴行氏
株式会社アプリボット 「グリモアA」プロデューサー 荻野貴行氏

荻野:元々ゲームは好きだったものの、その当時ゲーム業界で働くことは考えておらず、大学卒業後は銀行に入行しました。しかし、銀行員として3年目になったある日、私の人生観を変える出来事があったんです。

――と言いますと……。

荻野:それは、某アイドルの解散ライブです。ファンの一人として、そのライブの中で涙を流しながら参加していたのですが、「私もこんな風に人の心を動かすコンテンツを作りたい」と思ったんです。人生の目標を見つけた気がしました。

 消費する側のオタクに留まるのではなく、コンテンツを提供する側になりたいと思いました。

――数あるゲーム会社の中から、アプリボットに入社した理由を教えてください。

荻野:実は、元々「グリモアA」の前身である「グリモア~私立グリモワール魔法学園~」(以下、「グリモア」)を知っていて、最初に面接を受けたのがアプリボットでした。未経験での応募だったので、意気込みを見せるために、ゲームをプレイした感想や提案したいアップデート内容などをまとめたレポートを持参して面接に臨みました。

 自分が挑戦したいと思っていたプランナーの仕事をイメージして作成したところ、その熱意が伝わったのか、入社することができました。

ユーザー側から提供側に移る上での苦労とは

――ユーザー側から提供側に移ったことによるギャップはありましたか?

荻野:ありましたね。ユーザーのときは、ゲームの世界観を自分なりに解釈して楽しんでいました。しかし、提供側になると、ゲームをプレイしてくださるユーザーの方々はそれぞれ感じ方が異なりますので、皆様に魅力を感じていただけるサービスを提供する必要があります。

 そのため、「常におもしろさの原点は何か?」と考えるクセがつきました。他社のゲームをプレイしながら、「どのポイントがユーザーの人気を集めているのか」と、客観的な視点で見るようになりました。

――異業種からの転職だと、キャッチアップしなくてはいけない情報が多かったのではないですか?

荻野:元々文系出身でプログラミングに関する知識もなかったので、技術的なことやゲーム用語を覚えるのに苦労しましたね。そこは社内のできる人を見ながら、必死で食らいつきました。人生で一番勉強したかもしれません。

 ただ、銀行員だったこともあり数字まわりのことはすぐ慣れました。KPIを考えたり、イベントの期待値設定をしたりするのは、早い段階でできたと思います。

――覚えることばかりだと、大変そうですね。

荻野:やりたかった仕事ができているので、大変ですが楽しいです。私の目指しているゴールは自分の手がけたもので人を感動させること。そこにたどり着くには道半ばなので、まだまだ頑張ります!

――現在「グリモアA」のプロデューサーを担当されていますが、どのような業務を行っているのでしょうか。

荻野:当社は、各プロジェクトを会社に見立て運営する「カンパニー制」を導入しています。プロデューサーがプロジェクトに関わるすべての裁量を持ち、全体を統括しています。そのため、マーケティングに関することはもちろん、ゲームの内容なども含めた意思決定を行っています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5