SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine」がプレオープン!

 翔泳社は2019年7月1日、企業で働くクリエイター向けウェブマガジン「CreatorZine(クリエイタージン)」をプレオープンした。

 同メディアでは、「UI/UX」「デザイン」「映像」「ゲーム」「インタラクティブ」といったクリエイティブに関する最新情報はもちろん、その周辺にあるビジネスやテクノロジー、開発など、様々な領域の情報もあわせて発信していく。専門家によるコラムや編集部によるインタビュー、クリエイティブ関連のニュースなどのテキストコンテンツに動画ならではのコンテンツも交えながら、情報発信を行っていく。

 7~9月は、サイトオープン記念として、会員登録者へのアンケートおよび書籍プレゼントの企画を実施。10月以降にはメルマガ配信やイベントの開催も予定している。

 CreatorZine編集部のオープンにあたってのコメントは以下の通り。

 「昨今、クリエイティブ、ビジネス、開発、テクノロジーなど、様々な領域の垣根はより曖昧なものになってきたように思います。『クリエイター』という言葉が指し示す範囲や求められる役割も、すでに変わり始めているのかもしれません。

 だからこそ、今の専門分野をさらに深めていただくだけでなく、『あまり関係ないような気がしていたけど、意外と活かせるかもしれない』というような、『今まで』の領域の周りにある“プラス1”の情報や視点をお伝えする場として、クリエイターの皆さんのお役に立てたらと考えています」(CreatorZine編集部・中村直香)

 なお、本オープンは2019年10月を予定している。

【関連記事】
営業×テクノロジーをテーマにした「SalesZine」がプレオープン!
ロングセラーブランドは課題にどう立ち向かってきたのか 定期誌『MarkeZine』第42号で特集
定期誌『MarkeZine』第37号、全ページ無料公開中!特集「2019年のマーケティング戦略」
Instagram、クリエイターのオーガニック投稿を広告配信できる「ブランドコンテンツ広告」を発表
商材と相性の良いクリエイターを短時間で発見!エビリー、YouTube動画分析サービスに新機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/02 08:00 https://markezine.jp/article/detail/31413

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング