SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「DELISH KITCHEN」を運営するエブリー、伊藤忠食品と資本・業務提携

 エブリーは、酒類・食品卸売業の伊藤忠食品を引受先とした25億円の第三者割当増資、および業務提携契約締結を決定した。今後両社は、小売業の店頭販促や送客施策のデジタル化の推進と、メーカー商品の認知から販促強化まで支援するサービスを展開していく。

協業イメージ
協業イメージ

 エブリーのデジタル領域の知見およびコンテンツ力と、伊藤忠食品の中間流通業としてこれまで培ってきた小売業およびメーカーとの接点や売り場提案力を掛け合わせ、次世代の技術を活かした販促提案を取引先へ向けて推進していく。

 また、伊藤忠食品が2017年から開始しているE-POP事業については、「DELISH KITCHEN」が展開する店頭デジタルサイネージを中心とした「リテールサポートプログラム」と連携を進めていく。

 「リテールサポートプログラム」は、売り場と連動したレシピ動画の放映だけでなく、「DELISH KITCHEN」のユーザーへ小売業のチラシ情報の発信、レシピカードデータの提供、効果検証のフィードバックなど売り場の活性化につながるオプションを揃えている。

 両社は、この「リテールサポートプログラム」を用いて、小売業に向けた販売促進・送客施策のデジタル化の推進と、メーカーに向けた多面的な商品露出機会を提案していく。

【関連記事】
エブリー、DELISH KITCHENの動画をライフアプリに提供 店舗の特売に応じたレシピを紹介
DELISH KITCHENがライフコーポレーションと提携 小売・流通の販促における取り組みを強化
DELISH KITCHENと江崎グリコ、Amazon Alexaによる音声プロモーションを開始
スクリーン上でレシピ確認!DELISH KITCHENが「Amazon Echo Spot」に対応
DELISH KITCHENに新機能 レシピの食材がAmazonフレッシュで購入可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/07/17 11:40 https://markezine.jp/article/detail/31567

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング