SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Zendesk、Smooch買収 LINEやFacebook Messengerなど多チャネルに対応

 Zendesk, Inc.は、企業と顧客をよりパーソナライズされた会話で結びつけるコミュニケーションプラットフォーム「Smooch」を提供するSmooch Technologies Holdings ULCを買収した。この買収によって、Webサイトやモバイルアプリだけでなく、LINEやWhatsApp、Facebook Messengerといったメッセージングアプリまで様々なメッセージングチャネルで顧客と会話をできるようになるという。

 たとえば、オンライン小売業者であれば、WhatsAppのようなソーシャルメッセージングから開始された配送先や返品に関するコミュニケーションを、自社のネイティブメッセージングツールに移行して継続することができ、さらに、これらのコミュニケーションをZendesk内で1つのスレッドとして管理することができる。

 Zendeskはさらに「Conversation Solutions Team」を組成した。このチームは、Smoochの対話型プラットフォームを活用して、パーソナライズされたメッセージングエクスペリエンスの提供を目指す企業をサポートする。

 たとえば、様々なメッセージングプラットフォームを介して、リアルタイムでのホテル従業員へのメッセージ送信を可能にし、お客様のあらゆるニーズを満たすオムニチャネルなサービスの提供を目指すグローバルなホテルブランドに対して、よりカスタマイズされたメッセージングアプリケーションを提供する。

【関連記事】
Zendesk、新製品を発表 複数チャネルでの一貫したUXが実現可能に
満足度の高い問い合わせ対応チャネル、有人チャットが店舗に次ぐ2位に【KDDIエボルバ調査】
gooと壽屋がチャットボット「轟雷ゼロ」をLINEで公開 「感情」につながるAIを参加者と育成
ワコール、店舗でAI接客 インナーウェア探すお客様にタブレットのチャットボットで商品提案
エウレカ、「Pairs」にAIチャットボット「KARAKURI」を導入 平均約30秒の課題解決を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング