SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブレインパッド、Microsoft Azureを活用しそごう・西武のマーケティング基盤を構築

 ブレインパッドは、そごう・西武のOne to Oneマーケティングを高度化するマーケティング基盤を構築したと発表した。

 本基盤にはクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と、ブレインパッドのダイナミックセグメンテーションシステム「exQuick(イクスクイック)」を活用している。

 そごう・西武は、2018年6月より顧客データを活用したOne to Oneマーケティングの実践に向けてプロジェクトを発足した。2ヵ月後の2018年8月には「Microsoft Azure」を活用してプライベートDMPを構築し、POSや会員情報に基づく“購買データ”と自社サイトのアクセスログに基づく“行動データ”を利用して、電子メールの送信、ダイレクトメールの発送、顧客分析などを実施できるようにした。

 また、プライベートDMP上でマーケティング施策のターゲットとなる顧客をセグメント化する仕組みは、「exQuick」で構築されているという。

 そごう・西武が保有する顧客データは、様々な部門に散在しサイロ化していたが、本プロジェクトでは、そのサイロ化を一気に解消しようとするのではなく、まずは実際の店舗にて顧客データを活用する実証実験を行い、その成果を見ながらデータの統合を進めるというアジャイル型の進め方を選択した。

 プライベートDMPの構築後、店舗の販売員がデータを活用したマーケティング活動を実施したところ、メール配信後に実際に来店し購買に至った割合が5%となるなど成功事例も生まれており、今後はその成功体験をもとにデータ活用店舗の拡大や大幅な機能拡張などを実施し、顧客データの活用領域をより広げていく方針だとブレインパッドは明らかにしている。

【関連記事】
西武・そごうアプリがセブン-イレブンアプリと相互プロモーション実施 グループ間の買い周りを促進
JAA、「消費者が選んだ広告コンクール」の入賞作品、デジタル広告ではそごう・西武がグランプリに
ブレインパッド、「Rtoaster」にカスタムレポート機能を追加&ダッシュボードの構築支援を開始
ブレインパッド、運用型広告のキーワード分類&入稿規格への変換を自動化する「AdPencil」を提供
ブレインパッドのDMPがLINEのパーソナライズ配信に対応 SaaSツールとして提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング