SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

セグメントごとに最適なコンテンツを自動で出し分け アクティブコア、「MAセグメント配信」機能を提供へ

 アクティブコアは、「activecore marketing cloud」内に蓄積している顧客属性・行動データに基づいてセグメントを判別し、メール・LINE・アプリでの一括配信時に個人にあわせてコンテンツを出し分けられる新機能「MAセグメント配信」を、2019年9月末より提供開始すると発表した。

セグメントごとに最適なコンテンツの自動出し分けイメージ

セグメントごとに最適なコンテンツの自動出し分けイメージ

 「MAセグメント配信」機能は、出し分けたいメッセージのコンテンツを準備しておくことで、「activecore marketing cloud」内のDMPに蓄積された顧客属性、購入履歴、店舗データやアプリ・Webの行動履歴などから分析・抽出された複雑なターゲットリストに対し、一回の配信で最適なコンテンツの自動出し分けが可能となる。

 具体的には、メッセージ内の指定された枠に出し分けたいコンテンツ内容を、イメージ画像、バナーあるいはテキスト文などの形式で指定することで、一人ひとりに関連性の高いコンテンツを差し込んで表示することができる。一度顧客セグメントを定義しておけばリストは自動更新されるので、リスト作成時の手間の削減やより精緻なターゲットリストの抽出が可能となり、メッセージ配信担当者の作業効率化にもつながる。

 またMA機能として、メール・LINE・アプリにも対応しており、幅広いセグメントに対し、様々なチャネルで効果的にメッセージを届けることが可能だ。

【関連記事】
アクティブコア、AIレコメンド機能をアプリ版で提供開始
キャリア転職サイト「type」、アクティブコアのMAツールを導入 ユーザーのアクティブ率向上目指す
楽天西友ネットスーパーがアクティブコアの統合型ソリューションを採用 購買傾向などを容易に可視化
アクティブコア、データ統合ソリューションに新機能を実装 選択したデータを手軽に出力することが可能に
アクティブコア、自社開発のマーケティングAIエンジン「ピタゴラス」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング