SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Glossom、グリーの複数メディアを活用したマーケティング施策を提供 インフルエンサーのアサインも

 グリーの100%子会社であるGlossom(グロッサム)は、グリーグループが有する複数メディアを活用した広告キャンペーンやマーケティング施策の提供を開始した。

 これにより、メディア横断での取り組みやデータ分析を基にした企画など、広告クライアントの幅広い意向にワンストップで対応可能に。また、広告出稿の効果検証を一気通貫で行うこともできる。

 具体的には、個別メディアまたはメディア横断での広告配信が可能に。読者属性でのターゲティングを通じて、最適なコミュニケーションを実現できる。また、タイアップ記事を執筆・配信するとともに、読者セグメントごとの記事接触から見る態度変容をレポートすることも可能だ。

 さらに、グリーメディアで活躍するインフルエンサーを起用したマーケティング施策にも対応している。

 なお、対象となるメディアのテーマには「美容・コスメ」「おでかけ・旅行」「住まい・暮らし」などが挙げられる。

【関連記事】
グリー子会社がフリークアウトと協業/オーディエンスデータを活用したターゲティング広告を提供開始
グリー子会社のGlossom、スマホアプリ向けSSPをZucksのアドネットワークと連携
KDDIとグリーの子会社が提携 バーチャルYouTuber事業において相互のアセットを活用
グリー、新会社を設立してバーチャルYouTuber市場に参入
グリー、メディア事業における広告領域強化のためクオント買収 同社DMPでユーザーの興味関心を分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/09/04 12:00 https://markezine.jp/article/detail/31930

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング