SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

データ統合自動化の「trocco」が「Google広告」他主要広告サービスやkintoneに対応

 primeNumber(プライムナンバー)が提供するデータ統合自動化サービス「trocco」(トロッコ)は、「Google広告」、「Facebook広告」、「Yahooスポンサードサーチ」、「Twitter広告」といった主要広告サービスのほか、サイボウズが提供する顧客案件管理クラウドサービス「kintone」への連携に対応した。

 「trocco」は、売上データなど企業が持つ様々な種類のデータを、事前処理(データの変換・統合)を行った上で、企業のデータ基盤に自動統合するクラウドサービス。

 これまでは主に、MySQLやAmazon S3などの代表的なデータベース、およびストレージに蓄積された企業データの統合に対応してきたが、この度、新たに広告・マーケティング系、業務改善系の主要サービスを加え、統合の対象となるデータの種類を大きく拡充した。これにより企業は、既存の各種保有データに外部サービスの広告、顧客データ等を簡単に統合できるようになるという。

 広告サービスごとに管理できるインプレッション数、CTR、クリック数、CV数などの「成果指標」やデータは表示単位が異なる場合があり、統合に多くの手間が発生する。「trocco」では、これら一連の作業を自動化することができ、大幅な工数削減が見込めると同社はしている。

【関連記事】
ジーニー、データ活用支援サービス開始 データ収集・整理サポートに加えてAI分析やBI活用も支援
ヤフー、企業や自治体を対象にデータソリューションを提供 事業創造・成長へのインサイトを提供
凸版印刷とTIS、AIとDMPの活用でデータマーケティング施策の精度向上・高速化を支援
Supership、プログラミング不要でのデータマネジメントを実現する「Datapia」を提供へ
オラクル、広告とマーケティング両システムの顧客データを融合するCDP「CX Unity」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/19 08:00 https://markezine.jp/article/detail/32392

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング