SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂の「TEKO」と蔦屋家電エンタープライズ、クリエイティブコンサルティングサービスで協業

 博報堂のグローススタジオ「TEKO(テコ)」と蔦屋家電エンタープライズは、両社のクリエイティビティを活かしたBtoBコンサルティングサービスを提供するアライアンス契約を締結した。

 「TEKO」は広告・マーケティングにとどまらず、新事業や新サービス、新商品開発といった企業成長のためのクリエイティビティを提供すべく、パートナーとのアライアンスや協業に取り組んでいる。

 また蔦屋家電エンタープライズは、最新家電テクノロジーを通じて人と世の中を豊かにする「ライフスタイル提案」を行ってきたが、近年では、様々なマーケティング課題を抱える企業からの問い合わせが増えている。

 両社はサービスを通じてクリエイティブコンサルティングを行うとともに、実際の企画・制作にも携わる。具体的には、企業・ブランドのイメージやコミュニケーションのテーマに合ったノベルティアイテムの選定・提供を行う「プレゼントキャンペーン・プロデュース」、モデルルームや店舗、ショールームなどのマーケティング用スペース向けのアイテムを選定・提供する「マーケティング空間プロデュース」、働き方改革や社内コミュニケーションの活性化など執務環境の課題に応える「オフィス空間リノベーション」の3領域を中心にソリューションを提供する。

【関連記事】
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足
博報堂DYHD、米STRATACACHE社とパートナー契約を締結 小売店舗のDX支援を強化
博報堂、企業と生活者の共創型開発を支援する「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」 を提供開始
博報堂DYホールディングス、音声/音響技術を活用したマーケティングの推進に向けHmcommと提携 
博報堂、ピーディーシーら、店頭デジタルマーケティングの「売場サイネージソリューション」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/24 08:30 https://markezine.jp/article/detail/32793

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング