SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

小田急百貨店が「Location AI Platform」を導入 新たな商圏を位置情報から推計

 小田急百貨店は、クロスロケーションズが開発・提供する位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「Location AI Platform(ロケーションエーアイプラットフォーム、以下LAP)」を新たなマーケティング施策として採用した。

小田急百貨店 新宿店 外観
小田急百貨店 新宿店 外観

 LAPが大量の位置情報データから推計した実態に近しい来館者の行動傾向が把握できる点や、分析場所を自由に設定することができる点、1ライセンスで全店舗のスタッフが使えるリーズナブルな点とPC操作で簡単に利用できる点で評価し、採用を決定。

 LAPを利用してカード会員以外も含んだ来館者を対象にAI商圏分析を実行したことにより、実勢商圏や今後来店可能性の高いエリアの把握が可能に。また来店者のデモグラフィック分析も可能なため、百貨店で行われるイベント・催事に合わせ来場者の性年代の傾向値を可視化、把握できるようになった。

 店舗で開催するイベントについては、実際訪れた人の推定居住エリアや買い回り傾向、よく利用する店や人気スポットも把握可能に。分析結果を活用すれば、顧客の潜在的な嗜好性やトレンドを、品添えやサービスに反映させていくことが可能となる。今後は、その上で顧客にどのような情報をいつ・どこで提供すべきか検討するのにLAPを役立てていく予定だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/02/13 12:15 https://markezine.jp/article/detail/32901

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング