SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アプリ分析ツールApp Apeに新指標「リテンション分析」が追加 インストール後の定着率を見える化

 フラーは、アプリ分析ツール「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するモバイルデータを活用し、アプリをインストールした後の「リテンション率(継続率)」を推計する新機能「リテンション分析」のベータ版を公開した。

 同機能は、最大3ヵ月間のアプリのリテンション率をカテゴリー別や性年代別、日ごと、週ごと、月ごとなどの詳細な条件設定が可能な形で提供するものだ。

 表示するリテンション率のデータには、インストールベースとインストール&起動ベースの2種類がある。インストールベースのデータは、対象期間内に、アプリを新規インストールしたユーザーを元にしたもの。インストール&起動ベースのデータは、対象期間内に、アプリを新規インストール後、起動したユーザーを元にしたものだ。

 また同機能では、GooglePlayのカテゴリーごとにアプリを分類したリテンション率も表示可能。カテゴリごとの傾向や、同じカテゴリー内のアプリの比較が見えやすくなる。さらに対象期間を月間のデータに設定することで、各アプリの詳細画面で性年代別のデータを見ることもでき、ユーザーごとの定着度合いがわかる。

 常に新しいデータを見ることができるため、他社のサービスが行った施策の効果を素早く把握することが可能だ。

【関連記事】
タクシーアプリ「JapanTaxi」がアプリ分析ツール「App Ape」を導入
ADKマーケティング・ソリューションズ、フラーのアプリ分析ツール「App Ape」導入
大阪ガス、フラーのアプリ分析プラットフォーム「App Ape」導入 アプリ改善やCX向上に活用
フラー、アプリの地域別所持率を「App Ape Alpha」で全ユーザーに公開
フラー、「App Ape」においてプレミアムデータフィードを提供 BIツール等との接続がより柔軟に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/06 12:30 https://markezine.jp/article/detail/33137

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング