SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トランスコスモス、服を着たまま全身の推定採寸が可能にする「Bodygram」の取り扱いを開始

 トランスコスモスとBodygram Japanは、パートナーシップを締結し、トランスコスモスはBodygram Japanが提供するソリューション「Bodygram(ボディグラム)」の取り扱いを開始した。これにともない、トランスコスモスではBodygramが有するAI採寸技術「Bodygram」に関連する開発、運用、分析、サポートまでを統合的に支援するBodygram特設チームを設立した。

 Bodygramは、人工知能(AI)の学習機能を駆使して身体サイズを推定する技術。年齢・身長・体重・性別を入力し、スマートフォンで正面と側面の2枚の写真を撮影することで被写体のボディラインを自動で検出する。被写体が服を着たままでも検出可能で、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身のサイズを±1cmの差異で推定できる。

 Bodygram Japanではこの技術を、アパレル(ユニクロ、SHOPLIST.com by CROOZ)、ヘルスケア(花王 ヘルシアの「モニタリングヘルス」)や寝具(エアウィーヴ オンラインショップのレコメンドサービス)などの業界へ提供してきた。

 トランスコスモスでは今回のパートナーシップ締結により、「Bodygram」の販売だけでなく、業務アプリケーションへの組み込みサポート、身体採寸データのナレッジ化にともなう分析などの付加価値サービスを提供する。またBodygram Japanと連携し、各業界のユースケースを想定し、新しいビジネスを創出する。

 具体的には、昨今のコロナ禍におけるリテール、アパレル店舗での試着レスのニーズに対して、非接触採寸や店舗・ECとのOMO連携、身体データを活用した新しい健康管理サービスへの推進を目指す。

 またトランスコスモスは、自社の分析サービスを通して、お客様企業が保有するDBと身体データを活用した新しいアナリティクスサービスを展開していく。保険業界には「Bodaygram」を通して、健康増進型保険などの基礎データの提供および分析サービスを提供していく予定だ。

【関連記事】
トランスコスモス、カスタマージャーニー診断サービス「CX-RAY」を提供 複数チャネル横断で可視化
トランスコスモス、最適なコンテンツ発信を可能にする「コンテンツマーケティング・スタートプラン」を提供
トランスコスモス、Amazon Connectで「音声AIによる自動応答サービス」を提供
トランスコスモス、「電話自動受付サービス」の提供を開始 電話応対履歴のデータ活用も可能に
広告/Webサイト運用を時間単位&リモートで提供 トランスコスモスが新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/26 17:00 https://markezine.jp/article/detail/33719

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング