SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アドビ、顧客体験管理のための「Adobe Experience Platform」の国内提供を開始

 アドビは、顧客体験管理(Customer Experience Management、以下 CXM)のためのプラットフォーム「Adobe Experience Platform」の国内での提供を開始。合わせて、Adobe Experience Platformで稼働するアプリケーションサービス「Real-time CDP」「Customer Journey Analytics」および「Journey Orchestration」の提供も開始した。

タップで拡大

 Adobe Experience Platformは、行動データを含めたリアルタイムな顧客プロファイルを構築。Adobe Experience Cloudなど様々なソリューションと連携することで、顧客一人ひとりとのリアルタイムなコミュニケーションを実現する。

 主な機能は下記の5つ。

1.顧客体験に必要なデータの統合

 複数のデータソースから顧客体験に必要なデータを取り込み、顧客プロファイルの統合からデータガバナンス、AIや機械学習の活用、顧客コミュニケーションにつなげるためのアクティベーションまでを一貫したプラットフォームで提供。これにより、企業は顧客のプライバシーに配慮しながら、リアルタイムにパーソナライズされた体験を、スケーラビリティをもって提供できるようになる。

2.顧客体験に必要なデータガバナンス機能の提供

 任意のデータソースから収集されるデータは、顧客体験管理のために設計されたExperience Data Model(XDM)により標準化・統合。データの管理においては、データガバナンスを実現するDULE(Data Usage Labeling Enforcement)フレームワークにより、顧客データの項目ごとの目的管理と、その目的に沿わない利用制限を行い、プライバシーなどの規制に配慮したデータ利用を可能にする。

3.リアルタイムな顧客コミュニケーション

 「Real-time CDP」により、データの収集からプロファイルの統合、実際の顧客コミュニケーションに至るまで、顧客とのコミュニケーションをリアルタイムに実現。連携されたデータは、Adobe Experience Platformに接続されている様々なソリューションにリアルタイムに展開され、広告やパーソナライゼーションに活用することが可能になる。

4.AIを活用したプロファイルデータの拡張

 Adobe Experience Platformに内包されている「Data Science Workspace」機能やAIサービス群「Intelligent Services」を活用することで、Adobe SenseiのAIとマシンラーニングによる、統合データの利用、スコアリングやクラスターデータなどのプロファイルの拡張が可能に。アドビが提供するAIモデルをチューニングして利用するだけでなく、PythonやRをはじめとする様々な言語を利用しながら、データサイエンティストによる独自のモデルを構築できる。またAI機能をシステムに内包することで、システム間のバッチ処理をなくして、プライバシー管理を保ちながらAIを活用できるようになった。

5.柔軟な顧客分析とコミュニケーション管理

 Adobe Analyticsの機能を拡張した「Customer Journey Analytics」の活用により、従来のCDPソリューションでは難しかった、オムニチャネルでのパスやフォールアウトの分析を、Adobe AnalyticsのUIのように視覚的に分析することが可能に。また、「Journey Orchestration」を活用することで、Adobe Experience Platformに統合されたすべてのチャネルのデータを利用しながら、Adobe Experience CloudのアプリケーションやAPIで接続されたシステムを通じて、特定のイベントが発生した際のコミュニケーションフローをリアルタイムに実行することができる。これにより、たとえば来店した顧客に対して、セグメント別のメッセージをリアルタイムに配信するなどといった、オムニチャネルでのジャーニー設計が容易になる。

 アドビは今回の日本展開に合わせて、Adobe Experience Platformの導入を支援するコンサルティングサービスおよびAdobe Digital Learning Servicesによるアプリケーションサービスのトレーニングを提供予定だ。

【関連記事】
外出自粛で最もオンライン購入したのは「生鮮食品以外の食品・飲料」【アドビ調査】
日本法人アドビ システムズ、「アドビ」へ社名変更
電通デジタル、アドビやセールスフォースらとデータ連携し「People Driven DMP X」提供
CCIの「DataCurrent」、アドビのデータマーケットプレイスへのデータ提供を開始
電通デジタルとアドビ、 消費者1,000名を対象に「デジタル体験の好みや企業への期待」を調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング