SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタル広告の全コスト・アドフラウド等による損失を見える化 IASがサービスを提供開始

 Integral Ad Science(以下 IAS )は、プログラマティック取引におけるコストを可視化するサービス「Total Visibility」の国内提供を開始した。

 同サービスでは、ブロックチェーン技術を活用し、デジタル広告のプログラマティック取引における全コストと広告掲載面の品質をリアルタイムで可視化できる。

 広告主が支払った広告費のうち、質の高いインプレッションに対して各媒体、データやサービスに対してプラットフォームごとに「支払われた金額」と、アドフラウドやビューアビリティの低いインプレッションなど、不適切かつ不必要なインプレッションに対して「消費された金額」を選別、把握することができる。

 これにより、デジタル広告のブラックボックス化を解決し、透明性向上につなげる。また、広告主は品質の高いメディアの広告枠へ予算を再配分することができ、広告予算をより効果的に活用することが可能となる。

【関連記事】
IASとChannel Factoryが業務提携し、YouTube広告のブランドセーフティ対策を支援
IAS、ヤフーのディスプレイ広告のアプリ内広告においてアドベリフィケーション指標の計測を開始
IAS、YouTube計測プログラムのパートナーに認定
VOYAGE GROUPの「PORTO」、IASのソリューションを導入 広告配信の健全化を推進
アドエビス、CriteoとTwitterの広告コスト自動取得を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/21 12:15 https://markezine.jp/article/detail/34121

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング