SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

音楽トレンドを可視化、ヒット予測 ビルボードとNTTデータグループが分析サービスをトライアル提供開始

 NTTデータ、NTTデータ経営研究所と阪神コンテンツリンクは、NTTデータが有する人間の脳活動を推定する技術「NeuroAI」と、阪神コンテンツリンクのBillboard JAPANの総合ソングチャートHOT 100のデータを組み合わせた共同研究を実施し、新技術を開発。研究成果に基づき、レコード会社、音楽出版社、マネジメント、広告代理店などに向けた、新たなサービスのトライアル提供を開始する。

 同研究は、2016年12月から2020年5月までにチャートインした2185曲を対象に、楽曲を聴いた際の推定脳活動・音色の特徴、歌詞、コード進行や過去のチャート情報等の楽曲特徴を利用して行ったもの。

 研究の結果、脳情報化された楽曲特徴の類似性が評価可能になる「楽曲の脳情報化による新たな特徴の獲得」、ヒットの要因を脳情報や歌詞・コード進行などの楽曲特徴から把握する「ヒットソングの特徴の可視化」、どんな楽曲がトレンドとなるのか4ヵ月程度先まで予測する「未来の音楽トレンド予測」といった技術の開発に成功した。

楽曲を脳情報化し新たな特徴を獲得する技術と、その技術を用いて特定の曲と類似した脳情報表現が推定された楽曲をリスト化する「NeuroAI Selected Playlist」を表す概略図

楽曲を脳情報化し新たな特徴を獲得する技術と、その技術を用いて特定の曲と類似した
脳情報表現が推定された楽曲をリスト化する「NeuroAI Selected Playlist」を表す概略図

 これにより、どのような特徴を備えた楽曲がトレンドとなっているのか、そして今後どうなるのかの定量的な評価が可能となり、予測外のヒットソングが現れる今日のマーケットへの適応が期待できる。

 3社は今後、研究成果に基づき、レコード会社、音楽出版社、マネジメント、広告代理店などに向けた、新たなサービスのトライアル提供を開始する。

 具体的には、広告代理店に向けたCMタイアップソングの選定サポート、レコード会社に向け、アーティストの発掘・育成やマーケティングの支援、ストリーミング事業社などに向けたチャートデータや脳情報を基にしたプレイリストの制作支援を行うなどの提供が可能となる。

 また、NTTデータおよびNTTデータ経営研究所では音楽にとどまらず、今回の手法を動画広告・テレビ/ネット番組など多様なメディアに適用し、脳情報化とモデル作成によるコンテンツ最適化サービスを提供していく。

【関連記事】
トライバルとNTTデータ、インフルエンサーリレーションズサービス提供 Twitter全量データを活用
NTTデータ経営研究所、スポーツ観戦の楽しさやエンゲージメントの可視化に向け共同で実証実験
TikTokでJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの楽曲が利用可能に 包括ライセンス契約締結
電通子会社、 音楽ライブ配信ポータルサイト「LIVE@HOUSE」の運用開始
エイベックス・エンタテインメントと三井物産子会社が提携 音楽領域にダイナミックプライシングを導入へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/04 15:45 https://markezine.jp/article/detail/34245

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング