SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、NEW STANDARDと業務提携 ブランドの立ち上げ・再創造を支援するサービスを開始

 電通デジタルは、NEW STANDARDと業務提携し「ブランド デジタルトランスフォーメーション(以下、BDX)」を提供開始した。BDXは、D2C時代に対応する新規ブランドの立ち上げ・既存ブランドの再創造を全体戦略から事業成長までをワンストップで支援するサービスだ。

「ブランド デジタルトランスフォーメーション(BDX)」のロゴマーク

 今回のサービスは両社の業務提携により、本質的なユーザーインサイトと綿密なマーケットリサーチに基づく「ユーザー起点」のD2C事業開発並びにブランドの再創造を支援することが可能になったため実現した。

 近年、デジタルコマースの市場規模は急速に拡大している。中でも、ユーザーを起点としたプロダクトの開発や顧客体験の設計を行い、初期段階よりデジタルコミュニケーションを主としながらファンと共にプロダクトやブランドを成長させていくD2C事業が登場してきた。また、欧米では新興のD2Cブランドが市場を席巻し、業界変革が起こっている。しかし、国内の多くの企業が、このD2Cの業務領域の広さや複雑さ、ノウハウ不足などにより対応できていないのが現状だ。

 このような背景から、デジタルマーケティング全領域を網羅し、デジタルコマース領域においても高い専門性と運用力を持つ電通デジタルと、新しい時代の価値観やユーザー起点を軸とした事業開発に取り組むNEW STANDARDは提携した。今後両社は、企業起点であった従来とはまったく異なる「デジタルを活用したユーザー起点」を軸としたブランドの創造・価値最大化を目指す。

「BDX」概要
「BDX」のフェーズに応じた7つの提供サービス

【関連記事】
電通、電通デジタルが「Dentsu Digital Transformation診断」を提供開始
電通デジタル、オンライン上で新規事業開発を支援するサービス開始 顧客価値探索からMVP創出まで
電通デジタル、ECサイトの運用型広告における最適化ツール「Kommerz」を提供
電通デジタルとトレジャーデータ、プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始
電通と電通デジタル、テキスト解析プラットフォーム「mindlook」を提供開始 日立と共同開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/11 13:45 https://markezine.jp/article/detail/34286

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング