SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、携帯でもバナー掲出が可能な「イメージ広告」をスタート

 「モバイル コンテンツ向けAdSense」で、サイトの内容と関連性の高いイメージ広告を自動的に配信する「イメージ広告」の利用がついに可能になった。Googleは、モバイル広告は、PCよりも広告が画面を占める割合が大きくなるため、モバイルでのバナー広告はPCでのバナーに比べて10倍近くクリック率が高くなるとの調査結果を引用して、その効果をアピールしている。

 イメージ広告として利用できるサイズは4種類。日本では192×53のサイズがほとんどの機種でサポートされているため、Googleはこのサイズでの利用を推奨。また、サイト運営者は広告タイプとして、「テキスト広告のみ」「イメージ広告のみ」「テキスト広告とイメージ広告」の3つの組み合わせから選択できるが、Googleは「テキスト広告とイメージ広告」を推奨している。すでに「モバイル コンテンツ向け AdSense」を利用している場合は、イメージ広告の利用の際に、サイトに掲載中の広告コードを貼り換える必要があるので注意が必要だ。

モバイル向けイメージ広告のフォーマット(実寸)

 このイメージ広告は、「AdWords モバイル広告」でも配信することができる。Googleは、AdWordsの広告スケジュール設定機能を使うことによって、通勤通学の時間帯にグルメ日記やブログなどを見ているユーザーに対して、お菓子や飲料の新商品、外食店舗の新メニューの情報を提供するといった利用も考えられるとしている。また、休日は平日よりもモバイルでの検索数が増えることから、商品・サービスによって様々なモバイルならではのキャンペーンが考えられるとして、イメージ広告の活用を呼びかけている。

【関連リンク】
Google AdWords、ターゲティング機能を追加
世界のブランド価値ランキング、首位は2年連続でGoogle、2位Microsoft、Yahoo!は62位
モバイル検索シェア、Yahoo!とGoogleの差が急速に縮まる【モバイル検索利用動向調査】
Google、au/EZwebで「AdWordsモバイル広告」の表示を3枠に
Google、「モバイルコンテンツ向けAdSense」の導入テストをドコモ公式サイトへ拡大

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/24 13:20 https://markezine.jp/article/detail/3459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング