SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPとTwitter Japan、ブランド成長を支援する「Brand Bird」を提供開始

 博報堂DYメディアパートナーズは、Twitter Japanと共同で、Twitterならではの指標やコンテンツ、コミュニケーションを最大限に活用し、広告主のブランド成長をサポートするプロジェクト「Brand Bird」のサービスの提供を開始した。

 Brand Birdは、「Creative Bird」「Contents Bird」「Planning Bird」という3つのプロジェクトから構成されるサービス。

 Creative Birdでは、Twitter Japanにおけるコミュニケーション開発部門「Twitter Next」と、博報堂DYグループのクリエイティブ部門が連携し、広告という領域に留まらず、広告主がTwitterでどのような発信をすることで、ブランドについてのユーザーの発話を促進できるかなど、統合コミュニケーションメソッドを開発。そのメソッドを元にした広告主への提案を行う。

 またContents Birdでは、博報堂DYグループや各コンテンツホルダーが持つ動画コンテンツをTwitterの動画広告メニューである「Amplify Sponsorship」と連携させることで、ブランドセーフティで生活者の興味関心を引きやすい新たな動画広告スポンサーシップメニューを開発する。これにより、ブランドの認知向上や理解促進を支援する。

 Planning Birdでは、Twitter上のユーザーの会話に着目し、広告主のブランドに関する会話量などのデータを分析・調査することで、広告主の施策の効果検証を実施。これにより、会話量や会話の内容をプロモーション効果の評価指標としたプラニングを実現する。

【関連記事】
新聞社の動画とTwitterの広告メニューを連携 博報堂DYMPが動画広告配信の「LoNTI」を開始
エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定
博報堂DYMP、雑誌メディアのナレッジを活用したソリューションチーム「MATCH」をスタート
【MarkeZine Day】関西企業「中の人」が集結!企業公式Twitterの在り方を語る
Twitterでの検索理由は「世の中の反応を見るため」が約半数/他のSNSでは?【トレンダーズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング