MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂DYMPとTwitter Japan、ブランド成長を支援する「Brand Bird」を提供開始

2020/11/12 15:15

 博報堂DYメディアパートナーズは、Twitter Japanと共同で、Twitterならではの指標やコンテンツ、コミュニケーションを最大限に活用し、広告主のブランド成長をサポートするプロジェクト「Brand Bird」のサービスの提供を開始した。

 Brand Birdは、「Creative Bird」「Contents Bird」「Planning Bird」という3つのプロジェクトから構成されるサービス。

 Creative Birdでは、Twitter Japanにおけるコミュニケーション開発部門「Twitter Next」と、博報堂DYグループのクリエイティブ部門が連携し、広告という領域に留まらず、広告主がTwitterでどのような発信をすることで、ブランドについてのユーザーの発話を促進できるかなど、統合コミュニケーションメソッドを開発。そのメソッドを元にした広告主への提案を行う。

 またContents Birdでは、博報堂DYグループや各コンテンツホルダーが持つ動画コンテンツをTwitterの動画広告メニューである「Amplify Sponsorship」と連携させることで、ブランドセーフティで生活者の興味関心を引きやすい新たな動画広告スポンサーシップメニューを開発する。これにより、ブランドの認知向上や理解促進を支援する。

 Planning Birdでは、Twitter上のユーザーの会話に着目し、広告主のブランドに関する会話量などのデータを分析・調査することで、広告主の施策の効果検証を実施。これにより、会話量や会話の内容をプロモーション効果の評価指標としたプラニングを実現する。

【関連記事】
新聞社の動画とTwitterの広告メニューを連携 博報堂DYMPが動画広告配信の「LoNTI」を開始
エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定
博報堂DYMP、雑誌メディアのナレッジを活用したソリューションチーム「MATCH」をスタート
【MarkeZine Day】関西企業「中の人」が集結!企業公式Twitterの在り方を語る
Twitterでの検索理由は「世の中の反応を見るため」が約半数/他のSNSでは?【トレンダーズ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5